【やっちまったな日産】 全工場でずさん検査リコールは100万台に 対象車種は?株価への影響は?

こんにちは!証券兄さんです。

証券兄さんも大好きな日産ですが、今回リコールが発生してしまいました。

三菱自動車の不祥事のときは、日産に任せれば大丈夫と思っていましたが今後どうなるのでしょうか。今回まとめていきたいと思います。

 

 

日産のリコール問題

 

日産自動車で、国内で車両を組み立てる全工場でのずさんな運営が明るみに出ました。

本来は社内で検査員と認められた従業員が完成車を検査する必要があるが、守られていなかった模様です。

新車登録前の6万台の検査がやり直しとなり、ユーザーに渡った100万台規模も対象の可能性があるとのこと

法令軽視の批判は免れず、ブランドイメージや業績への悪影響は避けられないですね。

 

 

問題点は?

 

自動車メーカーは、工場で車を生産する最終段階で「完成検査」を行います。

本来は国が行う検査を、工場で代行しているような形になります。

その後、販売店に出荷され、ナンバーを付けてユーザーに引き渡される。こうした仕組みは、道路運送車両法や関連の実施要領などで定められています。

国が定めた実施要領では、各社が知識や技能を考慮し、自社であらかじめ指名した従業員が検査するよう求めています。

しかし日産では、認定されていない「補助検査員」が一部の検査を行っていました。

全工場で日産が認めた正規の「完成検査員」は約300人で、補助検査員は約20人。この補助検査員が、完成検査員が行うべき業務を行っていたとのこと。

要は資格がない人が検査を行ってしまっていたということです。

完成検査員かどうかは、バッジの有無で判別できるそうで、補助検査員は作業に習熟しているが、レベルには個人差があるとのこと。

日産の社内調査では、補助検査員が検査をすることが問題だという認識もない従業員もいたと報じられています。

安全審査の意識が低いというレベルではありませんね。

安全性が重視される自動車の生産現場で、法令を守る認識が欠けていたことになります。

この状態がどれだけ続いていたかについて、日産は「調査中」としており、長期にわたって常態化していた可能性があります。

問題があったのは、追浜工場(神奈川県)、栃木工場(栃木県)、日産九州(福岡県)、日産車体(神奈川県)、同社傘下のオートワークス京都(京都府)、日産車体九州(福岡県)で、国内の車両組み立ての全6工場になります。

9月18日、国土交通省が日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)に抜き打ちで立ち入り検査して発覚しました。

なんと、日産はその時点まで事態を把握していなかったとのこと。これはかなり企業のイメージとしてはまずいと証券兄さんは思います。

 

 

リコール対象の車種は?

 

日産はリコール制度などを使って、再度、完成検査をやり直す必要に迫られています。

生産時期や担当した検査員を調べることで今後、対象となる車両は絞り込まれていくが、現在のところ対象となる車種は以下の21車種になります。

最近購入されたばかりの人は気を付けた方が良いかも知れません。

・シルフィ

・ノート

・ジューク

・キューブ

・リーフ(新旧)

・マーチ

・GT-R

・シーマ

・フーガ

・フェアレディZ

・スカイライン

・セレナ

・ティアナ

・エクストレイル

・NV200バネット

・ウィングロード

・シビリアン

・パラメディック(救急車)

・アトラス

・エルグランド

・キャラバン

国交省の指摘後、同社は9月19日と20日の2日間で正規検査員に確実に検査を行わせる体制を整えたため、それ以降に生産された車両については、再検査の必要はないため販売店には影響はないとのこと。

対象車両については車体番号を特定して販売店に通知、登録をすることなく差し戻すことを求めたため今後は民間の手に届くことはないと思われます。

 

 

株価への影響は?

 

日産自動車(株) 〈7201〉

 

株価 1114.5円

PER:8.15

PBR: 0.89

配当利回り:4.76%

 

チャート画像

参照:yahooファイナンス

 

短期的に見て、リコール問題とそれに伴う信用低下により業績が下がることとなります。

リコールに伴う費用は、リコール対象の部品によって違いますが今回は検査のためのリコールなので幾分安いと思います。

参考までに、100万台以上のリコールの場合かかる費用は30億円~300億円以上となっています。

参照:http://www.sjnk-rm.co.jp/publications/pdf/r93.pdf

 

ただ、長期的に見ても日産が自動運転において他社よりも進んでいるのはまちがいありません。

高齢者への推奨措置や、自動運転への優遇政策、トラックなどの輸送への利用、なにより安倍首相が自動運転を2020年までに実用化したいと述べています。

なので、今回下がったところで3年ほど置いておくつもりで拾い上げるのもいいと証券兄さんは思います。

 

あくまでご参考までに。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。