【失われた20年】 日本一の証券会社、山一証券が潰れたバブルの裏側とは

こんにちは!証券兄さんです。

バブル退治のために平成元年(1989年)末、矢継ぎ早に打たれたさまざまな施策は、いずれも効果は大きかったものの、“やり過ぎた”側面も大きいものでした。

後に「失われた10年(20年)」と呼ばれる大不況につながっていった、平成元年末の国の方針転換を改めて振り返ってまとめていきたいと思います。

 

 

恐るべきバブルつぶしとは…⁉

1989年12月末は、株価が史上最高値となる3万8915円87銭を付けた。バブルのピークとなった月です。

GDPで言ったら、当時400兆円で現在520兆円なのにはるかにやすい株価の時点でどんだけおかしかったか、想像しやすいですね。(ちなみにバブル時代を面白く知りたいなら「バブルへGO!」という映画がおすすめです。)

 

社会的な関心ごとは特に、土地を持てるものと持たざるものとの埋めがたい格差に向かうようになっていました。

 平成元年末に相次いで打ち出されたバブルつぶしに向けた政策によって、1990年代に入ると日本は歴史的な不況に突入することとなりました。

 たった1枚の大蔵省(当時)局長名通達が、後になって4大證券の一角である山一證券の自主廃業につながるなど、これらの政策の威力は絶大なものでした。

 実際、土地や株の暴騰や、カネ余りなどを抑える、いわゆるバブル退治のための「バズーカ砲」がこの月に続けて放たれています。

 

通常なら国民的な反対が起きそうな、「痛み」を伴う政策なのですが、このときの世間は、暗黙の了解の意思表示なのか、あるいは政策への期待の薄さからなのか、とても静かな反応だったそうです。

結果として、この月に株価も土地もピークとなったのであるが、何のことはなく、政府が寄ってたかって引きずり下ろしを行ったのです。まぁ適正な状態じゃないとどんどん歪みが大きくなってしまうのでしょうがないのですが、それでも不況が長いとおもってしまう証券兄さんです。

 

バズーカ砲として、まずは地価対策が行われました。12月22日に土地基本法が公布・施行され、それまで曖昧であった国の土地政策の理念が書かれ、この法律を基に、さまざまなバブルつぶしが行われることになりました。

その理念の中身を見てみると、同法第1条で「適正な土地利用の確保を図りつつ正常な需給関係と適正な地価の形成を図るための土地対策を総合的に推進し」と、地価対策であることを宣言し、「土地については、公共の福祉を優先させるものとする」と、優先順位を付けました。

そして4条でトドメを刺すように「土地は、投機的取引の対象とされてはならない 」と謳っています。

 

この理念を通じて出てきたのが、固定資産税とは別に、土地所有に税金をかける国税である地価税創設、金融機関へ不動産融資の総量を増やさないよう求める大蔵省(当時)銀行局長通達(いわゆる総量規制、90年3月)、課税強化を目的とした各種地価評価額の引き上げなどがおこなわれました。

 

 

証券会社がおそれた「一枚の通達」

 

株価に関してはどうかというと、当時、証券会社が顧客である企業や金融機関から資金の運用を一任された取引(営業特金と呼ばれた)で(今でいうファンドラップですね。もっとえげつないですけど。)、利益を約束したというか、損失が出た場合は証券会社が補填する約束するものが横行していました。

これが異常な出来高を生み、市場が過熱する原因になっていました。この営業特金が株価対策の標的にされました。

正直、こんな状況じゃ当時儲けていた人間も、証券会社も詐欺でしかないと証券兄さんは思ってしまいます。

官庁が御用納めとなる12月26日に、事後的な損失の補填を禁ずる内容の大蔵省証券局長通達(局長名から角谷通達と呼ばれる)が出されました。

とくに大手4社(野村、山一、日興、大和)は、売買手数料ほしさに巨額の営業特金(と損失補填の約束)を抱えていたから、影響は甚大なものでした。ちなみに損失補填の禁止は92年には法制化され刑事罰も規定されました。

大手、準大手はこぞってこの損失補填に手を染めており、国会で各社の社長が追及を受けました。特に準大手は経営危機から廃業や救済合併が相次ぐなど、証券スキャンダルはバブル崩壊を象徴する言葉となったそうです。

後に業界団体がまとめた損失補填の件数は787件で総額は2164億円。そのうち4大証券が8割を占め、もっとも多かったのは、97年、簿外損失処理問題で自主廃業した山一證券です。名門・山一證券は、通達という紙一枚で吹っ飛んだのでした。

ちょっと長くなりそうなので、今回はここまで。歴史を勉強すると、似たような状況になっていないか知ることができます。これこそリスク回避ですね。もし、他の国がそのような状況ならある意味チャンスとも言えます。

「賢者は知識から学び、愚者は経験から学ぶ。」ではないですが、痛い経験しないように、さまざまな知識を集めようと思う証券兄さんでした。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。