【VR疑似旅行】 大手旅行会社が注目している新技術とは? 次の投資対象はコレだ!

こんにちは!証券兄さんです。

みなさんは、VRを実際に体験したことがあるでしょうか?

証券兄さんは、東京のゲームセンターでVRゲームを体験し、その完成度の高さに驚きました。今後はVRが一気にくるんだろうなぁとその時から思っています。

今回はそのVR技術を利用した新しいサービスについてまとめていきたいと思います。

 

 

仮想現実への期待

 

大手旅行会社が、現実にはあり得ない世界に入り込んだ感覚を楽しめる仮想現実(VR)に熱い視線を注いでいます。

遠く離れた海外の観光地や歴史的な建物を臨場感たっぷりに楽しめるVRは「体験旅行」で顧客の気持ちを盛り上げるだけでなく、足腰が不自由になった高齢者向けに「疑似旅行」をビジネス化する動きも出てきました。

だが、VRがより高度化し疑似旅行が本格普及すれば、「旅行に行かなくていい」という人が増えるジレンマを抱えることになる。旅行業界にとってVRは“もろ刃の剣”なのでしょうか。

 

 

今の進み具合は…?

 

東京ビッグサイト(東京都江東区)で9月に観光業界の国際見本市「ツーリズムEXPOジャパン」が開かれました。

最終日の24日、エイチ・アイ・エス(HIS)のブースではVRで体験するパリ観光が行われました。

 

来場客は、周囲360度を見渡せるゴーグル型端末を装着し、ガラス張りの2階建てバスで凱旋(がいせん)門やエッフェル塔などをめぐるツアーに参加。目の前に広がる美しい街並みを眺めながら、フランス料理を存分に楽しむというサービスです。

同社は平成27年3月、新宿区のハワイ専門店にハワイ旅行をVRで体験できるコーナーをライバルに先駆けて開設しました。

同店を皮切りに約20店にVRを順次導入。

カウンターで旅行を検討する来店客に観光資源の魅力やホテルの客室を紹介するツールとして活用しています。

 

VR導入の狙いについて広報担当は「旅に興味を抱くきっかけを作るほか、想像する旅と実際の旅の食い違いを埋めてもらいたい」と説明しています。

 

証券兄さんがVRを体験した感想

 

冒頭にも書きましたが、証券兄さんは東京のゲームセンターでVR体験をしてきました。

入場だけで3500円ほど取られましたが、その価値はありました。

 

 本当にすごい!!

 

という言葉しか出てきません。証券兄さんが体験したのは、ホラーゲーム、シューティングゲーム、ロールプレイングゲーム、スポーツゲームなどをそこではやりました。

やり始める前は、「あくまでゲーム」ということがわかっているのですが実際に始まってみるとゲームの世界に入ってしまうのです。

これまでのゲームとは、入り込み方が本当に違うのです。しかもどんなジャンルでも入り込めるのです。

実際に体験した時は、本当に感動しました。

 

人間は良くも悪くも慣れるものですし、新しいものが欲しくなるものです。

証券兄さんが小学生だった20年前は、現在のように画面をタッチする機械が普通に使われるようになるとは想像すらしていませんでした。

今度は、VRが当たり前に使われるようになと証券兄さんは確信しています。

 

 

VR疑似旅行への取り組み

 

JTBグループも今春、大日本印刷と連携し、VRによる訪日外国人向け多言語観光案内に乗り出すなど新市場の開拓を進めています。

各社がVRの活用に躍起となる背景には、航空会社やホテルが旅行会社を通さず、自社サイトで座席や客室を販売する「サプライヤー直販」の広がりや、割安な「オンライン系旅行会社」の台頭があります。

実際、JTB総合研究所が28年に旅行した15歳以上の男女約4200人を対象にしたアンケートによると、旅行の申し込み方法で最も多かった「インターネット」は62.9%と調査開始以来、過去最高を記録しました。「旅行会社店舗」の17.2%を大きく上回った。

証券兄さんも、トリバゴなどを利用してホテルをとってしまうので、これが時代の流れだと思います。

 

旅行会社を使わず、自ら旅行プランを組み立てて航空券や宿泊先などを手配する消費者は増加しています。

こうした個人旅行の潮流は今後さらに強まるとみられ、旅行会社は危機感を募らせているとのこと。

近ツーの安岡氏は「5G時代の到来でオンライン系の勢力がさらに拡大すれば、旅行会社はやりづらくなる」と警戒。IT企業などの異業種と連携し、先手先手で活路を見いだす必要性を説いています。

 

ただ、VRによる疑似旅行で温度やにおいまで体感できるようになれば、実際の旅行を楽しもうとする人が減ってしまう恐れもあります。

安岡氏も「VRの視聴機器が一家に1台置かれると、旅行に行かなくてもいいという層が現れる」と懸念します。

 

まとめ

 

証券兄さんは、今後の投資対象として「AI」「VR」「再生医療」の3つを考えています。

個人的には、昔の光景を再現して時間旅行なんかをVRで出来るといいと思います。

空想の世界が、ほとんど現実の世界になる。マンガで見た21世紀はすぐそこまで来ているのかもしれません。

 

あくまでご参考までに。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。