通は「ドル建て日経平均」に着目する

こんにちは!証券兄さんです。

皆さんは、「ドル建て日経平均」という存在をご存知でしょうか。私たちは日本人で、どうしても日本人の目線で見てしまいます。しかし、大きな視点で考えると、世界には日本人以外の人の方が多いため日経平均株価は円建てだけではなく、ドル建てで見る必要があります。今回は、そんな「ドル建て日経平均株価」についてまとめていきたいと思います。

 

 

私達がいつも見ている日経平均のチャート、実は、外国人投資家(海外投資家)(海外投資家)には違う形に見えています。それは、外国人投資家(海外投資家)が円ではなくドルに換算して日経平均を考えるからです

日経平均が少し下がった場合でも、そのときが円高なら、外国人投資家(海外投資家)にとっては少しもお買い得ではありません。でも持っている株を売る場合には、外国人投資家(海外投資家)にとっては円高の時がはるかにお得になります。

いつが買い時でいつが売り時なのかを、外国人投資家(海外投資家)は為替レートを計算して考えます。だから、外国人投資家(海外投資家)が今どう考えているのかを知るためには、外国人投資家(海外投資家)と同じように、日経平均をドルで換算した株価(日経平均ドル換算値)チャートを見ることが必要です

 

ドル建て日経平均とは

 

日経平均株価は一般的に日本円ベースでの株価を表示するのに対し、「ドル建て日経平均株価」は米ドルベースでの価格を算出する。計算方法はいたって単純で、日経平均が20,000円で、ドル円レートが1ドル=100円の時には、ドル建て日経平均株価は200ドルになります。

日経平均株価が一定のままだと仮定すると、ドル円為替レートがドル高円安に振れればドル建て日経平均株価は下落し、ドル安円高に振れればドル建て日経平均株価は上昇します。

もちろん、実際には日経平均株価が一定のままで推移する可能性は極めて低いので、円建て日経平均株価の騰落の影響を受けることになります。

 

ポイントは、ドル建て日経平均株価の騰落の変数が「円建て日経平均株価」と「ドル円為替レート」の2つ存在するということです。つまり、仮に「円建て日経平均株価」が10%上昇しても「ドル円為替レート」がドル高円安方向に20%進めば、ドル建て日経平均株価は下落してしまう。逆もまた然りですね。

 

円建てとドル建てでは見える景色が違う

 

実際に、円建て日経平均株価がアベノミクス高値をつけた2015年6月24日と、2016年度最終営業日である2017年3月31日を比べてみます。

前者は終値ベースで20,868円、ドル円レートは123円93銭、ドル建て日経平均株価は約168.40ドルでした。

後者は終値ベースで18,909円、ドル円レートは111円90銭、ドル建て日経平均株価は約169.07ドルでした。

 

円建て日経平均株価では、2,000円近く下落しているのにも関わらず、2017年3月31日の方がドル建て日経平均株価が上昇しています。なぜならば、円建て日経平均株価の下落率よりも、ドル円レートがドル安円高に進んだからです。このように、為替レート次第では、円建て日経平均株価とドル建て日経平均株価の景色が大きく変わる可能性があります。

 

実際にドル建て日経平均のチャート(5年)を見ると、円建ての日経平均よりも堅調に増加しているのがわかると思います。

参照:四季報オンライン

 

ここでもうひとつ重要なことが、日本株式市場の売買シェアの6~7割を外国人が占めているということです。そして、金融マーケットにおいては、基軸通貨は米ドルであるということ。

そのような背景を鑑みると、外国人投資家にとっては、日経平均株価に関わらず、円建てよりもドル建ての方が馴染み深いといえます。実際に投資をしなくても、ドル建て日経平均株価を見て日本株を評価する可能性もあります。

 

上記の比較例では、日本人から見ると2015年6月のアベノミクス高値を2年近く抜くことができず、日経平均株価の停滞感を感じているかもしれないが、外国人投資家から見ると、もしかしたら日本株の堅調さを感じているかもしれません。

なぜならばドル建て日経平均株価は、2017年に入ってからアベノミクス高値を更新するどころか、170ドル台を回復し2000年以来、約17年ぶりの高値をつけているのです。この事実を見ても、円建て日経平均株価とドル建て日経平均株価の双方の数字やトレンドを確認する必要があるといえますね。

 

まとめ

 

ある意味、ドル建て日経平均株価こそが「世界から見た日経平均株価」の本当の評価対象ともいえるのではないでしょうか。円建ての資産価値ばかりを気にするのではなく、ドル建て日経平均株価の動向を加味して考えることによって、株式市場の動きがより正確に見えてくるのは間違いありません。これを機にドル建てのチャートを覗いてみてください。

あくまでご参考までに。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。