「つみたてNISA」を賢く活用する秘訣とは? 

こんにちは!証券兄さんです。

最近では2018年1月から始まる「つみたてNISA(積立NISA)」が話題です。現行のNISAとの違いが気になりますが、具体的にどのようなメリット・活用法があるのでしょうか? 今回は「つみたてNISA(積立NISA)」についてまとめていきたいと思います。

 

 

現行のNISAのおさらい

 

まずは現行のNISAについて、軽くおさらいしてみましょう。現行のNISAは2014年に始まりました株や投資信託等の運用益や配当金を一定額非課税にする制度です。

 

具体的に解説すると、現行のNISAは2023年まで毎年新たに120万円の非課税枠が追加されます(※2014年、2015年は100万円)。非課税の期間は、その年から最大5年間となりますが、途中で売却すると非課税枠を使ったと見なされ再び利用することはできません。

最大5年間ですので、毎年120万円ずつ投資したと仮定すると総額600万円まで非課税(税金ゼロ)で運用することが可能となります。また、非課税の5年間を過ぎると課税口座へ払い出しにするか、翌年の非課税枠へロールオーバー(移管)することができます。

 

このように現行のNISAには、株や投資信託等の値上がり益や配当益(分配金)が非課税になるというメリットがあります。税金がゼロになるというのは魅力的ですよね。

 

しかし、その一方で損失を出した場合は「損益通算」ができないというデメリットもあります。

投資で利益をだすのは簡単なことではありません。むしろ、損をだすことのほうが多いかも知れません。「損益通算」は損失と利益を合算することで税負担を軽減できる仕組みなのですが、NISAでそれができないのは残念なのが現状です。

 

現行NISAと「つみたてNISA」は選択制で併用はできない

 

新設される「つみたてNISA」の受付開始は2017年10月1日、運用商品も買付開始は2018年1月1日です。

日本証券業協会が参加するNISA推進・連絡協議会では、これまでの現行NISAも積立が可能だったため、混同を避けるため、新設される積立型のNISAは「つみたてNISA」と表記することにしたそうです。

NISA口座は1人1口座までの制限があり、現行NISAと「つみたてNISA」は選択制となり併用はできないのでご注意ください。

 

非課税となる期間は20年間

 

現行NISAの非課税期間は最長5年、「つみたてNISA」は最長20年間と異なります。日々の値動きに一喜一憂せずに長期で資産を積み上げ、育てるための期間としては現行NISAの5年という期間は、長期投資の観点からは物足りなかったともいえますね。

長期投資の期間としては10年以上を考えておくことが基本になります。その点では「つみたてNISA」は20年間という長期間、積立でコツコツと育てられる制度であり、今から将来のために資産を増やしていきたい若い世代には有効に活用できるのではないでしょうか。

 

年間投資上限額は40万円

現行NISAの年間投資上限額は120万円ですが、「つみたてNISA」では40万円となります。
月額でいえば「つみたてNISA」では約3.3万円までの積立が可能となる計算で、毎月の積立可能額に物足りなさを感じる人もいるかもしれません。しかし20年間というコツコツ積み立ての威力はとても大きいものです。

 

例えば、月3万円を「つみたてNISA」で20年間、積立投資を行ったとします。

20年間の投資元本は720万円となります。仮にこの20年間で2%の複利運用が達成できたとすると、元本720万円に、約160万円の利益が上乗せされ20年後の受取額は約880万円になります。

当然、約160万円の利益はNISA口座内での利益であるため税金はかかりません。通常であれば利益に対して20.315%課税されるため約32.5万円が税金として差し引かれることになります

同じ運用成果でありながら最終受取金額に約32.5万円の差がでるのは大きいですね。

 

買付方法は定期的でかつ継続的な方法による積立のみ

現行NISAは一括投資、積立の併用が可能であるが、「つみたてNISA」は積立のみとなります。

積立投資のいいところは、時間分散を可能にすることです。時間を分けて、毎月定期的に運用商品を買い付けることで、安い時には多くの量を、高い時には買い付け量が少なくなるため、平均購入単価を下げる効果が期待できます(ドル・コスト平均法)。

投資では、安い時に買い高い時に売れれば、勝つことができるということは誰もが考えることです。

しかし、安い時、高い時の判断が難しいです。投資の初心者は特にどうしても気持ちに左右されてしまうため、高い時に買って、安い時に売ってしまうという悪循環を繰り返してしまいがちです。

そのような悪循環に陥らないように、「つみたてNISA」では積立のみの扱いとなっています。

NISAでは、利益がでなければこの節税効果は享受できないが20年という長期投資期間があれば十分に期待して良いと証券兄さんは思います。せっかく将来のための積立を始めるなら「つみたてNISA」は選択肢として候補にして下さい。

 

もし、「つみたてNISA」で20年間運用することを想定すると20代、30代の人にとってメリットが大きいように感じられます。たとえば一つの考え方として「老後への備え」もありますね。

しかし、ちょっと待ってください。老後資金と考えるならば「つみたてNISA」よりも確定拠出年金のほうがメリットが大きいです。

実際、確定拠出年金のほうが、かけ金が控除になるし、退職金控除にもなるので「税制優遇」を考えるとお得です。

確定拠出年金のデメリットは「60歳になるまで使えない」ということです。これに対して「つみたてNISA」は非課税になるばかりでなく、途中換金ができます。ですから、その違い、メリットを理解したうえで活用することが大切です。

30歳の人は20年後には50歳です。確定拠出年金をしているとあと10年(60歳まで)は使うことができませんが、「つみたてNISA」なら途中換金ができます。

50代と言ったら、お子さんもそろそろ大学を卒業する頃ではないでしょうか? 就職が決まってひと安心という状況かも知れません。しかし、大学の学費は大きな負担になるものです。ひょっとして奨学金や、教育ローンを借りて50歳以降も支払いが残っているかも知れません。それらは後々に大きな負担になってくるはずです。できるだけお金に余裕があるうちに、早めに返済するのが得策でしょう。

そこで「つみたてNISA」を使って繰上返還に充てるというのも可能です。または、住宅ローンの繰上返済に使うのも良いでしょう。その後の生活資金に大きな余裕を与えることができます。

こういった柔軟性のある活用を、「つみたてNISA」ならすることが出来ます。

 

まとめ

 

「つみたてNISA」がスタートするのは2018年1月ですが、申し込みは今年10月に開始する予定です。この機会に自分の人生・将来について、そして「つみたてNISA」の活用について考えてみてください。

あくまでご参考までに。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。