【ついに日本上陸!】下落相場でも儲けられる、海外富裕層が利用する安定運用型ヘッジファンド!

こんにちは!証券兄さんです。

年利8%や年利15%の資産運用があると言って信じられるでしょうか。

もしあなたの資産2,000万円を年8%の複利で運用できれば10年後には約4,318万円に、年15%なら約8,091万円に増える計算です。

今回は、そんな年利を実現する安定運用型ヘッジファンドについてまとめていきたいと思います。

 

昨今の超低金利の世の中では、年利8%や年利15%のような商品はありえないと考えるのが一般的です。しかし、世界の富裕層の中には、実際に上記のような利回りで資産を増やしている人がいます。

世界の富裕層や有名大学の財団、年金基金の資産運用に利用されている金融商品であり、絶対収益型ファンド、またはヘッジファンドとも呼ばれています。

 

このような世界の富裕層しか手に届かなかった運用商品が、日本の証券会社で購入できることになりました!東京・日本橋に本社を置くエアーズシー証券のみが取り扱う「ハーベストクロップ」です。

「実績のあるプロに運用を任せたい」「頻繁に商品の乗り換えを進められる大手の証券会社の運用商品でなく、長く保有して安定的に資産を増やしたい」「値動きに一喜一憂せずに安心して資産を預けたい」このようなニーズのある金融資産1,000万円以上の個人投資家にぴったりの商品だと思います。

 

 

世界の富裕層が運用している2つのファンドに分散投資

 

ハーベストクロップは、世界の富裕層が実際に投資をしている2つの絶対収益型のファンドに分散投資します。

その一つが、ファンドVスイスに本社があるこのファンドは、8年6か月の運用期間(2008年11月〜2017年4月)において年8.25%の利回りを達成しています。しかもこの利回りは運用報酬等を差し引かれた後の手取りなのです。一方で変動率はわずか年2.79%。裁定取引というヘッジファンド戦略の代表的な運用手法を採っています。株式市場の下落に強く、過去に最も下落した局面(2010年11月〜2011年2月の4ヶ月)でも、わずか-1.86%の下落で済んでいます。運用の質が高いことは容易に想像できますね。

 

もう一つは、ロンドンに本社があるファンドL。このファンドはAIを活用して、世界中の流動性の高い金融商品を常時ウォッチし、短期的なプログラム売買によって小さな利益をコツコツと積み上げていく、絶対収益型のファンドです。相場の流れや売買高のクセなどをシステマチックに収益化するほか、いわゆる保ち合い相場にも強い。世界大手のヘッジファンド会社から移籍したファンドマネジャーがファンド運用の指揮を執り、2013年5月の運用開始からの利回りは年15.0%を記録しています。

実績として申し分ないこれら2ファンドに投資できるとは、自ずと期待が高まりますね。

 

「絶対収益型」と聞くと利益が約束されているように聞こえてしまいますが、これは、どんな局面でも利益を狙えるという意味です。過去、確かな実績を持つファンドに投資するハーベストクロップといえども、金融市場の変動によっては元本割れの可能性はもちろんありますので気をつけてくださいね。

しかしながら、こういったヘッジファンドに投資できるようになるのは日本初と言ってもいいのでおのずと期待してしまいます。今後の動向に要チェックです!

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。