【金融資産ゼロ】年収1000万でも貯金ゼロ?稼ぎが良い人の実態を調べてみました!

こんにちは!証券兄さんです。

4月も始まり、大学を卒業し初めての職場で仕事を始めたばかりという方も多いのではないでしょうか。ビジネスパーソンにとって仕事の内容ややりがいととともに気になるのはお給料!

今回は、夢の年収1000万円について調べてみました。

 

年収1000万円の人は日本に何人いるのか

 

日本でどのくらいの人数が年収で1000万以上を実現しているのでしょうか。(あくまで額面です!)

国税庁が2018年9月に発表した「民間給与実態調査」では、4945万人の給与所得者のうち、年間の給与所得額が1000万円を超える人が222万人としています。

パーセントにして言うと全体のわずか4.5%。

証券兄さんの学校のクラスが1クラス30人だったので、1人か2人いるかどうかといった感じです。

 

ただ、あくまでこの数は給料の額面が1000万円を超えている人の数です。社会保険料、住民税、所得税などを引かれると控除が効いても4割ほどは引かれます。

つまり、年収1000万円でも手元にくるのは600万円ほど。

しかも、年収1000万円になるころには、子どもや生活関連の支出が多くなります。

 

驚くことに、「平成30年(2018年)家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」の調査によれば、年間年収で1000~1200万円の二人以上世帯で金融資産を持たない世帯が7.3%、また1200万円以上でも3.8%いるとしています。(参考:知るぽると(金融広報中央委員会:事務局 日本銀行情報サービス局内))

1,000万円稼いでも、貯金すらできないというのに証券兄さんはびっくりでした。

 

ちなみに、年収別の金融資産を持たない世帯の比率は以下の通りです。

  • 750~1000万円未満:9.6%
  • 500~750万円未満:12.6%
  • 300~500万円未満:19.4%
  • 300万円未満:34.8%
  • 未収入:33.3%

つまり、給料をアップさせるよりも支出を抑えること、投資を行い収入源を増やすことがやっぱり重要になりますね。

投資に関しては、証券兄さんの投資の教科書をのぞいてみてください。

投資の教科書

 

あくまでご参考までに。 今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ

にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。