【マイナンバーカード】マイナンバーによる確定申告で副業は発覚するのか調べてみた

こんにちは!証券兄さんです。

「マイナンバー」という制度やカードの存在は知っていても、日ごろ必要がないこともあり、「どこに置いたっけ?」という人もいると思います。

しかし時期が迫っている「確定申告」にはマイナンバーが必要とされています。なぜ確定申告をするのにマイナンバーが必要なのだろうか。本当に必要なのかについて今回まとめていきたいと思います。

 

 年末調整でマイナンバーの記載が義務付けられているように、確定申告時にもマイナンバーの記載は必要です。確定申告時にはマイナンバーを記載するよう求められています。

 マイナンバーを記載しないからと言って罰せられることはないのだが、後日税務署から連絡が行く可能性があります。

 国税庁のサイトには、「記載がない場合、後日、税務署から連絡をさせていただく場合があります」とあります。さらに「 ただし、その場合でも、税務職員が電話で直接マイナンバー(個人番号)を聞くことはありません。税務職員を装った不審な電話にはくれぐれもご注意願います」との但し書きがあるので注意してください。

 

マイナンバーとは

2016年からスタートしたマイナンバー制度は、国民一人ひとりに12桁の番号を与え、これを行政側が共通で管理・運用するものだ。マイナンバー制度が施行されるまでは、国民一人ひとりを識別するために行政機関ごとに独自の管理IDで運用していました。

これを統一された管理ID(マイナンバー)を利用することでスムーズに行政サービスを提供できるようにしたのがマイナンバー制度です。

 

マイナンバーカードは必須ではない

確定申告ではマイナンバーが必要になるのでマイナンバーカードを用意する必要があるのではないかと考える人もいると思います。しかし、マイナンバーカードは必須ではありません。代わりにマイナンバー通知カード、もしくは住民票の写し(マイナンバー記載のもの)があれば代用することができます。

 

 

マイナンバーによる確定申告で副業は発覚するのか

 

 ここで気になるのが、「マイナンバー付きで確定申告することで会社に副業がバレてしまうのでは」という点だと思います。結論から言えばマイナンバーのせいで会社に副業が発覚するということはありません

 マイナンバーはその用途が明確に定義されており、行政機関が手続きのために利用する以外に利用することはできません。会社が従業員の副業を怪しんでマイナンバーから所得状況などを確認することはできないことになっているのです。

 

 ただ副業が発覚するのは以下のパターンが考えられます。

  • 副業の所得を隠しているのが発覚して税務署から会社に調査が入る
  • 税金が不自然に高くて経理担当に怪しまれる
  • 周囲の人間からの密告

 確定申告がきっかけで副業が発覚するというよりは、「確定申告をしなくて」「確定申告をしたものの、副業が儲かり過ぎて税金が上がって」「うっかり知り合いに話した副業が漏れて、運営しているサイトで個人名を載せていて」発覚するというパターンがほとんどだそうです。

 

 銀行口座の新規開設にもマイナンバーは必須となっており、これにより国が持つ個人のデータと銀行データのひも付けが可能となりました。以前までは「ちょっとしたお小遣い稼ぎで入ったお金であれば副業ではない」ということで申告しなかった人もいると思います。

 しかし、マイナンバーから個人の銀行口座の残高照会が可能となったことで、「所得」となったものはすべて申告対象となっている。脱税とならないように自分の所得の把握は日頃から行っておくべきですね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。