【経済ニュース】証券兄さん的今日(10/2)の経済ニュース まとめ

こんにちは!

台風凄くて、なかなか自宅に帰れなかった証券兄さんです。みなさんは大丈夫でしたか?

今回も、証券兄さん的今日の経済ニュースをやっていきます。

 

証券兄さん的今日の経済ニュース 10/2

 

 

①日銀短観で企業の景況感が3期連続で悪化

 

日銀が発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)で企業の景況感が3期連続で悪化した1日、日経平均株価は続伸し、終値でバブル後の高値を更新する対照的な動きでした。

 

短観は企業に景況感や業績見通しなどを尋ねる調査

最も注目される大企業製造業の業況判断指数(DI)は、景況感が「良い」と回答した企業割合から「悪い」の割合を差し引いた数値で、前回調査より悪化した今回もプラス19と「良い」が「悪い」を大きく上回った。

まぁ悪化してはいるけど、良いって考える社長さんは多いということです。

 

米中摩擦激化などで、経営者の不安心理が増しているのは確かですが、景気そのものは決して悪くないと言えるでしょう。

株価が上昇したのは、米国株が史上最高値圏まで上昇し、日本株の割安感が増したことですかね。

 

某証券会社では、営業トークのネタにはするが株価にはさほど影響なしと扱っていました。

何はともあれ、景気が良いという社長の方が多くて良かったです。

 

 

②小野薬品株が年初来高値を更新

 

本庶佑京都大特別教授のノーベル医学・生理学賞受賞が決まったのを受け、2日午前の東京株式市場では、がん免疫治療薬「オプジーボ」を製造販売する小野薬品工業の株価が上昇し、年初来高値を付けました。

本庶氏の研究をもとにオプジーボを開発した小野薬品は午前の取引開始直後に一時、前日終値比220円高の3430円まで上昇し、年初来高値を更新した。

 

ノーベル賞おめでとうございます!!日本人からノーベル賞出ると嬉しいですね。

証券兄さんも昔、小野薬品を調べていいなと思っていたのですが薬価改定がきつすぎて正直見込みないだろう銘柄に位置付けてました。

社会保険料上がるのは、正直困るけど製作元の利益を削る形にしてたら日本の製薬会社をもう無理ですよ!

技術を誇る国にしたいなら技術料払え!と愚直りたくなります。

 

今回の報道で、今後の薬価引き下げ圧力が少し緩和されるのではないかとの期待も市場の一部には発生。

個人投資家の買い注文が多くなっているのかな。日本人は冷めやすいから長続きしないと思います。

 

 

③ディズニー入園者数過去最高に

 

オリエンタルランドは、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の今年4~9月の入園者数が計1551万人と、年度上半期として過去最高だったと発表した。

猛暑に見舞われた8月は前年より少なかったものの、ほかの月がすべて前年を上回りました。

ディズニー超楽しいですからね!一日中園内を回り続ける体力はないけど。

TDL開業35周年を記念したパレードなどが入園者の増加に。

人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が初の改装を終え、4月にオープンしたことも好材料になり、前年より5%増えました

 

そんなオリエンタルランドの株価は、3.4%高の1万2110円。猛暑、台風、地震の影響もあっただろうにこれはすごい。

2022年度にできるアナと雪の女王・美女と野獣などの新エリアにも期待です。個人的は、年明けのキングダムハーツ3やってからもういっかい行きたい。

ディズニー(オリエンタルランド)の株はまだまだイケますね!

 

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。