株式展望 9/16 米中の対立は一服も、日銀の金融緩和の「出口戦略」に注目!

こんにちは!証券兄さんです。

かなり時間が空いてしまいすみません。今回から、日経平均株価がどのように推移したかも含めてまたまとめていきます。

 

まとめると、

・今週の日経平均は、2万3094円で大引けし2万3000円の大台に

・前3ヶ月で、2万3000円台は4回目。このレンジを超えれるかに注目

・証券兄さんの予想レンジは、22800-23600円。 当たらなくても許してね。

 

詳しくは下の記事をどうぞ

 

今週のまとめ

 

・月曜日(9/10)の日経平均株価は 66円高と 7 日ぶりに反発しました。

前週末(9/7)の米国市場では NY ダウが 79 ドル安と 3 日ぶりに反落したが、週明けの東京市場では円安・ドル高が進んだことや日本の 4-6 月期の GDP 改定値が大幅に上方修正されたことなどが好感され、株買いが先行しました。

 

・火曜日(9/11)の日経平均株価は半導体株などに買いが先行し、日経平均が291円高と続伸しました。

 

・水曜日(9/12)の日経平均株価は半導体関連株や中国関連株に売りが優勢となり、日経平均が 60 円安と 3日ぶりに反落しました。

 

・木曜日(9/13)の日経平均株価は中国関連株などに買い戻しが先行し、日経平均が 216 円高と反発しました。

 

・金曜日(9/14)の日経平均株価は前日比273円高の2万3,094円と大幅続伸。2月2日以来ほぼ7カ月半ぶりの高値水準となりました。

トルコ中央銀行が13日に大幅な利上げに踏み切り、新興国経済への懸念が後退。13日の米国株高や円安・ドル高の流れを受け、上昇基調となりました。

 

今週のチャート

チャート画像

引用 yahooファイナンス

 

 

証券兄さんの予想

 

日経平均株価の予想レンジは22800-23600円

 

米中の対立一服に加え、日本国内で自民党総裁選(20日)がある今週(18~21日)はレンジ切り上げのチャンスです。

しかし、ここへきて日銀の金融緩和の「出口戦略」も再び注目されるように。

安倍首相は14日、日本記者クラブ主催の公開討論会で、金融政策について日銀黒田総裁に任せているとした上で、現状の緩和策を「ずっと続けてよいとは思わない」と発言。

市場で直ちに需給不安が台頭することはないにしても、上値が買いづらい展開になることも。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。