【一年で株価が3倍に!】日本でも既存業種・新業態で成長のコシダカHDとは?

こんにちは!証券兄さんです。

カラオケの「まねきねこ」、女性だけのフィットネスクラブ「カーブス」、温浴施設の「まねきの湯」など、特色ある事業を展開するコシダカホールディングス(2157)の株価が好調です。

今回は、コシダカホールディングスについてまとめていきたいと思います。

 

買収報道で株価が急伸

 

 2018年2月18日には、前日に米国のカーブスインターナショナルなど2社を買収すると発表したことが好感され、前日比+13%の大幅高になったことが話題になりましたが、株価はそれ以前から業績好調を背景に上昇しており、直近(2月26日)の株価は1年前と比べて約3倍(+207%)の水準となっています

 

 

 ちなみに、同社は1967年に群馬県前橋市のラーメン店からスタート。1990年にカラオケ事業へ進出して成功を収め、2007年6月に東証ジャスダックに上場、2016年11月に東証1部へ市場変更しました。また、2008年には今回買収したカーブスの日本事業の株式を買収し、フィットネス事業への多角化を果たしています。

 

 2017年8月期実績ですが、売上高は552億円(前年同期比+8%増)、営業利益は61億円(同+28%増)、親会社株主に帰属する当期利益が32億円(同+71%増)となり、増収増益決算でした。また、売上、利益ともに上場以来10期連続の増収増益で、さらに配当も10期連続での増配を果たしています。次に、事業別の動向を見てみたいと思います。

 まずは、同社の最大事業で、全社売上の54%を占めるカラオケ事業は、売上高が同+7%増、営業利益が同+75%増と大きく利益を伸ばしています。

 首都圏を中心に継続的な出店を行ったことや、高校生にフォーカスした「ZEROカラ」、シニアを中心とした「朝うた」など特定の顧客層や時間帯を狙った同社独自のマーケティングが奏功したこと、さらにきめ細かな人員配置などのコストコントロールが着実に実行されたことなどが業績好調の背景です。

 一方、カラオケに次いで2番目の規模(売上構成比は43%)であるカーブス(フィットネス)事業も、売上高が同+10%増、営業利益も同+10%増と好調でした。 

 女性限定で50代以上の会員が約9割を占めるカーブス事業は、店舗数、会員数ともに順調に伸びており、これにプロテインなどの物販売上の増加も加わり好業績を確保しています。

 なお、カーブス事業の営業利益は46億円とカラオケ事業の20億円の約2.3倍、全社営業利益に占める割合も76%となっており、同社最大の稼ぎ頭となっています。

 

 このように同社の事業はそれぞれが好調のように見受けられますが、それは「既存業種」で「新業態」を作りながら成長を目指すという同社の長年にわたる基本戦略が、ここにきて実を結んできたことが一因ではないかと推察されます。

 

 最も注目されるのは、米企業買収による業績への影響です。もともと同社は、今回買収した米国の親会社のフランチャイジーとしてフィットネス事業を展開してきましたが、今後は、その本家を傘下に収め海外展開を進めることになります。このため、国内で培ってきた運営ノウハウを海外に展開し、海外でも業績を伸ばすことができるのかが注目されます。

 また、国内の既存事業においても、カラオケではタブレットや自動精算機の導入などによる業務の効率化がさらに進むのか、国内のカーブス事業については現状で約80万人の会員を適切な出店計画などにより100万人まで増やすことができるのかなどにも注目していきたいですね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。