【クラウドファンディング】 ソーシャルデレンディング型不動産投資メリット・デメリットは?

こんにちは!証券兄さんです。

前回はクラウドファンディングについてまとめましたが、今回はそのクラウドファンディングの中でも人気が高いと言われている「ソーシャルレンディング型の不動産投資」についてまとめていきたいと思います。

 

 

ソーシャルレンディング型のメリット

 

ソーシャルレンディング型の不動産投資では、資金を投じる先(融資先)は不動産事業主になります。

個人の投資家から融資を受けた不動産事業主は物件を購入してリノベーションし、物件価値を高めて売却、利益を融資者に還元します。

もともとは富裕層や機関投資家向けの投資形式であったが、ソーシャルレンディングで個人投資家も利用できるようになりました。

 

ソーシャルレンディング型の不動産投資のメリットは、「少ない出資金で安定的なインカムゲイン」を期待できることです。

実物運用をする不動産投資では個人の場合、物件の選定に時間がかかり、物件購入のために数千万円の資金確保が必要なこともあります。

物件選定を誤るとインカムゲインは得られず、収支がマイナスになることもあります。

にもかかわらず資産の流動性が低いため、一度決定した投資の方向性を返還することは難しいので個人では難しい投資の一種です。(難しいからこそ当たれば大きいわけですが…)

 

J-REITでは安定的なインカムゲインを得ることはできるが、運用手数料などのコストがかかり、価格変動によってインカムゲインが売却益を上回るケースもあもちろん存在します。

少額から投資はできるものの、インカムゲインのみを目的にして運用をするにはややリスクが高くなってきています。

 

しかしソーシャルレンディング型の不動産投資では、運用手数料がなく、1万円という少額から投資できます

さらに運用利回りも年利3~5%と高く、運用期間も最長でも3年と短期間です。安定的なインカムゲインと資金の流動性を確保したい個人投資家には向いていると言えるでしょう。

 

 

ソーシャルレンディング型のデメリット

 

一方で、資金繰り悪化による貸し倒れ(デフォルト)に元本割れのリスクがつきまといます

運営会社が物件の厳しい審査を行い、万が一の場合は担保で補償されるため、ソーシャルレンディング型の不動産投資のデフォルトで個人投資家が大きな損失を被ったという発表は今のところありません。

 

しかし、運営会社の経営の悪化や大規模震災でデフォルトが起きる可能性は存在します。

そのためソーシャルレンディング型の不動産投資を行う際は、運営会社や物件を複数選ぶなどしてリスクを分散する必要がありますね。

 

 

主なソーシャルレンディングサービス

 

こちらに、不動産投資に特化したソーシャルレンディングサービスをいくつか紹介します。

 

Owners Book

Owners Book(オーナーズブック)は2014年9月にサービスを開始した日本初の不動産に特化したソーシャルレンディングサービスであり、物件や交通の状況、物件の評価額の開示など情報の透明度が高いのが特徴です。

またSNSを活用し投資家の情報や知識、経験を共有するサービスも提供していて、不動産投資初心者において多くの個人投資家の意見を聞くことができるようになっています。

 

TATERU FANDING

TATERU FANDING(タテル・ファンディング)は一部上場企業の株式会社インベスタークラウド <1435> が提供をしているサービスであり、直観的に操作できるアプリが提供されているのが特徴です。

まだ物件自体の数は少ないですが、同社の不動産データベースや強固な経営基盤から今後の発展が期待できます。

 

LC LENDING

LC LENDING(エルシー・レンディング)は不動産証券化を行っているREIT型のソーシャルレンディングサービスです。

J-REITとは異なり、上場をしていないため市場取引による価格変動はなく、安定的なインカムゲインを得ることができるようになっています。

同社の親会社はLC ホールディングス株式会社 <8938>です 。

安定した経営基盤があり、投資先が債務不履行を起こした場合、LCホールディングスが元本と利息の補償を行う「保証付ファンド」もあることが魅力的ですね。

 

 

実は、投資用不動産の運用資産規模において国内独立系1位のケネディクス <4321> と野村総合研究所の出資による設立されたビットリアリティが、2018年年明けからソーシャルレンディングサービスを提供を開始するそうです。

今後はどんどん大手も参入してきそうな市場です。まだまだ開かれたばかりの市場ですのでチャンスも多いと証券兄さんは思います。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。