【やってみよう!】スマホで撮影「即入金」の質屋アプリCASH、5カ月後に70億円で売却

こんにちは!証券兄さんです。

アメリカンドリームならぬアプリドリームです。アプリ開発から5か月後に、大手企業から70億円での打診がありました。

今回は、そんな驚くべきアプリである質屋アプリCASHについてまとめていきたいと思います。

 

「CASH(キャッシュ)」の開発秘話

 

消費者から中古品をインターネット経由で即座に現金で買い取り、売り手が品物を本当に送ってくるかどうか保証はない。それでも光本勇介氏(36)にはうまくいくという直感に従い、自らが創業したバンクでこのアイデアを実現しました。

 

結果は想像以上のものでした。6月に試験的に運用を始めた買い取りアプリ「CASH(キャッシュ)」では、運営開始からわずか16時間で買い取り額が上限の3億6000万円に達したため、慌ててサービスを停止しました。翌日になると大量の衣服や電子機器を載せたトラックが到着し始め、数人の従業員で都内にある小さなオフィスにバケツリレーで運び込んだそうです。

 

結局、納品されなかったのは1割弱でしたが光本氏にとっては十分でした。8月にサービスを再開。現在は買取上限を1日1000万円とし、商品はファッション関連アイテムやスマートフォンなどに限定。売り手は写真を送り金額提示を受けるが交渉はできず、価格は他の中古市場から集めたデータに基づいて自動的に設定される。バンクは商品を再販して収益を得ています。  

 

キャッシュの運営開始について光本氏は「これは社会実験だった」と語ります。1996年にネットで商品販売を始め、その後、いったん譲渡して買い戻したオンラインストア作成サービス「STORES.jp」を立ち上げた。「もちろん良い人より悪い人のほうが少ないと思ったが、どれくらいかは分からなかったので実験をやっちゃえ」と買い取りアプリの実現に踏み切りました。

 

 

質屋モデルをスマホで再現

 

STORES.jpを創業した光本勇介氏がスタートアップさせたバンクは6月28日、質屋アプリ「CASH」を公開しました。CASHはユーザーの商品をスマホで撮影して送付するだけで査定金額を即刻で入金してくれます。

対象となるアイテムはスマホやタブレット端末などのガジェットからアパレル全般でスタートし、今後、2次流通市場で流通できるアイテムへ随時拡大する予定です。

 

査定金額は0円から2万円まででそれ以上の価値がある場合も2万円の上限金額にて査定されます。買い取られた商品は2カ月以内にCASHに送るか「返金するか」を選べ、返金する場合は撮影した商品を送る必要はないが一律15%の手数料がかかります。現金を受け取る場合、手数料として一律250円が必要になります。また、コンビニでの現金受取は上限が1万円で、受取時間は7時から22時までとなります。

取引の上限金額は2万円で、これを超える場合は取引を完了させないと次の取引は実施できない。アプリはiOS版、Android版で利用可能です。利用は無料です。

 

光本勇介氏はより大きな企業が同様のサービスで追随してくるのは時間の問題だと考えていました。だが10月4日午前1時58分、フェイスブック上でこんなメッセージが届きました。「こんにちは!亀山です〜!CASH売って〜!無理?」。送り主はDMMホールディングスの亀山敬司会長(56)でした。まるで小説のようですね。

  アダルトビデオ(AV)事業からスタートし、為替取引プラットホーム、ゲーム、オンライン英会話スクール、太陽光発電事業まで幅広く手掛けるDMMは、売上高約1820億円のメディア・テクノロジーのドンともいえる存在です。光本氏はDMMに70億円でキャッシュを売却し、事業を継続することで亀山氏と合意しました。

 

「ミクロな単位での小さなきっかけを大量に生み出したい」という光本氏の思いが、大成功を収めた形です。こういった企業も探して投資していきたいですね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。