知らなきゃ損する新税制 セルフメディケーション税制とは

こんにちは!証券兄さんです。

2017年1月1日より、セルフメディケーション税制が導入されました。ドラッグストアなどで「税控除対象」という言葉を目にすることも増えてきたのではないでしょうか。市販医薬品の購入も節税につながる可能性がある新制度の概要と注意点について今回まとめていきたいと思います。

 

 

セルフメディケーション税制とは

 

セルフメディケーション税制とは、スイッチOTC医薬品として厚生労働省が指定する薬品の年間購入代金1万2,000円を超える部分 (上限8万8,000円) について、総所得金額等から控除ができる制度です

これは本人だけでなく、生計をともにする親族が購入した薬品の金額も合計することが可能です。期間は2017年1月1日から2021年12月31日までと、限定的な措置となっている税制です。

 

例えば、2017年の1年間でスイッチOTC医薬品の購入額が家族あわせて3万円だった場合、1万2,000円を差し引いた1万8,000円が所得から控除されます。所得税と住民税の税率は人や地域によって異なるが、仮に合計30%だとすると、5,400円が減税されることになります。

 

従来の医療費控除と異なり、医師への診療費や通院のための交通費は対象とはなりませんが、医療費控除は合計金額が10万円を超えた場合に限定されていたため、利用しやすくなったともいえますね。

ただし、給与所得者であっても確定申告が必要なことや、その際に領収証の提出が必要であることには注意したいですね。

 

スイッチOTC医薬品とは

 

対象となるスイッチOTC医薬品とは、医師の処方箋がなくてもドラッグストアや薬局などでも購入できる薬のことです。OTCとは「Over The Counter」の略語で、薬をカウンターで買うことを意味します。これに対して、医師の処方が必要なものは医療用医薬品と呼ばれ区別されます。

 

主なスイッチOTC医薬品

<内服薬>
λ ガスター10(成分:ファモチジン 効果:胃酸分泌抑制薬)
λ トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンス(成分:トラネキサム酸 効果:肝斑治療薬)
λ ロキソニンS(成分:ロキソプロフェンナトリウム 効果:解熱鎮痛薬)

<外用薬>
λ ボルタレンACゲル/ローション/テープ(成分:ジクロフェナクナトリウム 効果:消炎鎮痛薬)
λ アラセナS(成分:ビダラビン 効果:抗ウィルス薬)
λ ラミシールプラスクリーム(成分:テルビナフィン 効果:水虫薬)

この他にもさまざまなスイッチ医薬品が販売されています。同じような効果でも少しずつ異なる特徴を持っていますので、気軽に店頭の薬剤師に相談するようにしましょう。

 

スイッチOTC医薬品の対象製品は、厚生労働省のホームページで一覧を見ることができ、2017年3月時点で約1,600品目が対象です。痛み止めや風邪薬など、一般的に広く普及されている家庭の常備薬も多く含まれている。厚生労働省がセルフメディケーション税制およびスイッチOTC医薬品の普及を推進する目的は、自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進し、医療費の適正化につなげることです。

 

利用時の注意点

 

セルフメディケーション税制で控除を受けるためには「健康増進に一定の取り組みをしたことを証明しなくてはならない」という規定があります。「一定の取り組み」とは、勤め先や健康保険組合による健康診断、各種予防接種、市町村が実施するがん検診などのうちいずれか一つを受診することを指し、その領収証を確定申告書に添付する必要があります。会社の健康診断であれば、結果通知書を添付することだけでOKです。

また、セルフメディケーション税制は、従来の医療費控除と併用することはできないことも注意が必要です。対象となる金額も支払内容も異なるため、どちらの制度を利用すべきか、医療費と市販医薬品の領収証は全て保管し、よく検討が必要ですね。

 

ちなみに、スイッチOTC医薬品の対象製品の多くには、パッケージにその旨が記載されています。ただし、表示が法令などで義務付けられているわけではないので、全てに記載されているとは限りません。

一方、領収証には対象となる旨の記載が義務付けられています。例えば、発行されるレシートの対象商品の横に★マークをつけ、同じレシート上に「★はセルフメディケーション税制対象」のように記載されています。

 

 

証券兄さんの銘柄を見る!

 

<4581> 大正製薬ホールディングス

一般用医薬品、食品、雑貨等の製造、販売及び医療用医薬品の製造、販売を行う。市販薬最大手。

2017/8/21   株価 8230円

PER: 27.40倍  PBR: 1.00倍  配当利回り:1.34%

 

チャート画像

参照:yahoo!ファイナンス

 

目標株価 

発表日証券会社レーティング目標株価株価との乖離率
2017/08/03GS売り継続6,650 → 6,800-17.38%
2017/06/30みずほUP継続8,360 → 7,800-5.22%
2017/06/12CSNeutral → UP9,800 → 7,800-5.22%
2017/06/05大和4 → 38,700 → 9,000+9.36%
2017/05/31モルガンSUnder継続8,000 → 7,200-12.52%
2016/09/28SMBC日興2継続7,800 → 9,300+13.00%
目標株価および乖離率の平均値7,983-3.00%

 

業績としては前年度とほぼ同じ推移。今回のような税制の変更は一般市販薬に対して非常に後押しになると証券兄さんは考えています。その恩恵を受けるのは最大手の大正製薬かと思います。

政府の見解としては、自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進し、医療費の適正化につなげるとありますが、医療費、社会保険料を削減するための布石だと証券兄さんは考えています。

高齢化が続く中で実は年金よりも、社会保険の方が負担になり得ます。年金はその性質上運用することが可能で、実際政府が運用し大きなプラスを出しています。しかしながら社会保険はあくまで医療のための費用なので運用したりできず、今後医療の高度化や高齢者の増加に合わせて増大していくと思います。

 

現に小野薬品工業の「オプジーボ」は、医療費の増加を避けるために特例の薬価改定を受けています。そのせいで株価が半値近くまで下落したりしました。今後の医薬品業界は、医薬品→ジェネリック医薬品へ。市販薬への優遇→医療費負担の削減という流れになっていくと思います。

そのため、長期的に見て市販薬に関連する銘柄は徐々に上がっていくのではないでしょうか。現状では下がり気味ですが、底をついたと思ったらこ投資するのに良い銘柄だと思います。

あくまでご参考までに。

 

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。