証券兄さんの心の師匠 『成功するための7つの言葉』

こんにちは!証券兄さんです。

記念すべきことに、今回でブログをはじめてから100記事目となりました。そこで今回は、証券兄さんの心の師匠が教えてくれた本当に大事な7つの言葉を皆さんにご紹介したいと思います。

 

証券兄さんには心の師匠が居ます。その方はモノづくりの分野で世界的な成功を収められていて、個人的な交流をさせていただいております。その方が話していたすべての物事に通じる成功するための考え方を書いていきたいと思います。

 

『成功するための7つの言葉』

 

 

1.最初が肝心

 

『物事を行う際は、最初に計画を練りこむことが重要だ。』

 

十分に考え込まれていない計画は、その後紆余曲折をするものです。不思議なことに、練りこまれていない計画ほど自分に都合が良いことが起こると想定されています。

成功確率が高いものは多くないと皆が知っているにも関わらず、失敗に関する想定が不十分なものが多いのです。頭の中でたくさんの仮定を行い、実際の失敗をできる限り少ないものにすることが大事なのです。

 最初に明確な目的を思い描くことと同じく、最初に可能な限り計画を練りこむことこそが成功への第一歩なのです。

 

2.想いを明確にする

 

最初に想いを描くだけでなく、想いを描き続けることこそが大切なんだ。』

 

大きな目標や長期計画では、最初に想いを描くだけでなく、継続する力も必要になります。

想い続ける大切さの一つは、経験不足や力量不足で描き切れない想いを次第にクリアにできる点です。

証券兄さんもこのブログを立ち上げた当初は、わかりにくいものをわかりやすく伝えたいという想いで書き始めました。その気持ちは今でも変わりませんが、始めた時よりも「どんなところがわからないのか」「そもそも何が知りたいのか」それを考え続けています。まだまだ至らぬ点が多いですが、いつかどこかでこのサイトがあって良かったなと思ってもらえるよう、最初の想いを描き続けたいと思います。

 

 

3.長い期間の中で機会を掴む

 

『想い続けることで、機会は必ず掴めるんだよ。』

 

証券兄さんが、師匠に教えていただいた継続することの大切さのもう一つは機会を掴む可能性が増すことです。正直なところ最初聞いたときは「なにを当たり前のことを」とも考えました。

 しかしながら、ゴールが見えない・機会がいつ訪れるかわからないなかで継続しつづけることは本当に大変なことです。

投資の世界こそ、10年もあれば暴落の時も高騰の時も出会うことができます。そんなことは少し勉強した方ならわかります。ただその10年を想い続けることができるのか、目先のことだけに囚われてしまわないか、自分を信じ続けることができるか。

証券兄さんはまだまだ未熟ですが、この言葉を支えに継続をしていきたいと思います。

 

 

4.想いと自己研鑽をつなげる

 

二兎は同時に追えないけど、時間をかければ何兎でも追えるんだ。

 

この言葉を聞いたとき、証券兄さんは目からウロコが落ちる思いでした。想い続けることの大切さのさらなる一つは目標達成のための自己成長努力を継続できることです。

時間をかけることを嫌う人は多いです。かくいう証券兄さんも長く続けることが非常に苦手でいろんなことに手を出したくなります。

例えば2つの作品を手掛ける人と、1つだけに集中する人どちらが上手くできるでしょうか。1つだけに集中する人ですよね。

でも長い人生で見たら、2つを同時にやらなくても1つずつやっていけばいいんです。そうすれば、2つと言わず3つでも4つでも自分がやりたいだけ作ればいいんです。でも続けることをやめてしまえば、もしかしたら1つも出来ずに終わってしまうかもしれません。

 

一所懸命を積み重ねて、一生懸命想いを続けたいですね。

 

 

5.時間を考える

 

『時間に初めと終わりをつけてやる。誰にでも出来て、誰もやらないことなんだ。』

 

証券兄さんはこの言葉を聞いたとき、よく意味がわかりませんでした。時間と聞いてみなさんは何を意識するでしょうか。

証券兄さんは、時間とは男性でも女性でも若い人でも高齢の人でも貧富も場所も関係なく、誰でも持っているものと思っていました。ですが師匠は時間とはただ連続的に流れるものなんだよ。と教えてくれました。

ただただ流れ続けるだけのものということでした。それが師匠の言いたいことではなく時間は考えないとそこにないものだが、区切ることによって大切なものだとわかるということでした。

なにかに取り組むときに1年1か月、1日などなんでもいいので区切りをつける癖をつける。例えば目標を達成するための期間が1か月で、今日1日にやるべきことと考えるのと、ただ目標を達成すると考えるだけ。この2つではどちらが1日を大切にするでしょうか。

長い時間をかけて想いを続ける場合、根底に長期的な時間の流れがあると意識すると、大きな想いに基づく今やるべきことが見えてきますし、区切った時間の目標設定も出来ていくのです。

 

 

6.失敗を恐れない

 

失敗を恐れて挑戦しないのが一番の失敗だよ。

 

長い時間を意識することで、失敗を恐れにくくなる利点もあります。試行錯誤続ける中で、成功につながる行動はほんの僅かであり多くの行動が失敗となる現実があります。

成功しないことが当たり前と思うのはダメですが、短い期間では思い通りにならない時期が多々発生することを理解することが大事です。そうすれば、失敗を恐れて挑戦する機会が減るということを避けられるでしょう。

失敗を恐れなければ、独創的な新しいことに挑戦することが出来ます。他の人がやっていないことに挑戦するのは、短い時間の評価だけを気にしなければ意外に簡単にできるのかもしれません。

 

 

 

 

7.好きになる、好きでい続ける

 

 

一所懸命に取り組むには、好きになることが近道だよ。

 

どうやってモチベーションを保つのか。何事にも共通する課題だと思います。特に今回のように長期的に考える場合はなおさらだと思います。

「好きこそものの上手なれ」

証券兄さんの大好きな言葉ですが、ひとつの真理だと思っています。成功者に共通することとして、その分野・物事が好きであるということです。好きであれば頑張るし続けられます。頑張って続けられれば、それだけ成功に近づくのは当たり前ですよね。

なにかに迷ったときには、正しく好きになれる方か、自分の価値観に合う方を選びたいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。100記事までこのブログを続けられた記念として紹介させていただきました。正直、まだまだ出来てないことだらけです。ですが、ふとした時にこれらの言葉を思い出して、想い続けることに取り組みたいですね。

 

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。