【貯めるコツ】お金持ちの「貯まる特徴」3つ 最も大切なのはなにか?

こんにちは!証券兄さんです。

今年も新しい1年がやってきました。生きる上で「お金」は目的になるべきではないが、とても存在価値の高いものです。今年こそ、お金に好かれるようになりたいと思う人は多いでしょう。

そこで今回は、お金が貯まっている人はどのような特徴を持っているのかについてまとめていきたいと思います。

 

1. 最も大切なのはお金に「働いて」もらう

 

 お金が貯まっているとは、当然その人からお金が動かないことです。ただ最初から逆説的な見方ですが、お金を活かすために、最も大切なのはお金に働いてもらうことです。

 もちろん節約や預貯金は大切です。ただ、財布のなかで大事にお金を守っている人よりも、お金を動かし、周囲の人を幸せにしている人の方が、最終的にお金に愛されるのではないでしょうか。それは「自分」が主体となった資産運用とも異なります。ここにある1万円も2万円に「殖やす」こともそうだが、この場合は一度自分から離れて貰うこと。有効に使うことを意味します。

 

 月に数回、飲みに行きたくなることはあると思います。その時にネガティブな会話をしてはいないか、会社や友人の愚痴を言って過ごしてはいないだろうか。その点、お金に好かれている人は、日々の酒席や食事に対して意味を持たせている人が多いと思います。

 仕事でも前向きな友人関係でも、ポジティブな存在を作ることが次に繋がる。たとえ1回の3000円の飲み会費用が負担に感じたとしても、後に5倍にも10倍にも増える可能性があります。これがお金に「働いて」貰うことのひとつと言えます。

 最近の効率化の世の中で軽視されがちなお中元やお歳暮、季節の節目節目の礼状(手書きだとなお差別化できる)など、日常生活でのちょっとした工夫もお金に働いて貰うことといえます。金融商品での資産運用に比べては成功確率も高くはないですが、成功してお金に好かれている人は総じてこのような「Give & Take」が上手な人が多いです。

 

2. SNS時代だからリアルな人脈を

 

お金を殖やすのは何よりも「人」です。ただ、SNSなどインターネットで繋がることが容易くなった昨今、リアルの人間関係を面倒と感じる人も多いです。ただ、ネット社会だからこそ密接な人間関係は大きな「武器」になる。なお、これは顔を合わせないことを否定するものではありません。

 ここぞというキーポイントでは顔を合わせ、言葉と加えて「表情」を伝えることに加え、SNSにて頻繁にやり取りをしたり、近況を伝えたりするといい。SNSで繋がったから人脈と勘違いしている人が多い昨今だからこそ、逆手にとって貴重な関係を築きたいものですね。実際にSNSから貴重な繋がりを見出し、お金に留まらない財産へと変えていった人は多いと思います。

 

 

3. お金はポジティブな人間に集まる

 

 マインドの面に焦点を当てると、やはりポジティブな人にお金は集まるといえます。これはお金のみならず、人間関係全般に言えることでもあります。ただ、お金持ちを見ていると、万事能天気な「ポジティブのみ」では、周囲から見ても一抹の不安があることも事実です。

 お金の流れを引き寄せるためには、お金を得る能力と同時に、「慎重さ」も求められます。昨今のニュースを見ると、お金のある人に対して悪意のある資産運用を持ちかけた人が摘発されたとか、落ち着いて考えると実現性のない資産運用に大きなお金を費やしたというニュースが見られます。実際に運用できるお金が貯まってくると、周囲に味方がいないようになるという敵愾心が増すといった話も聞くにで注意が必要です。

 

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。