【銀行での注意点】受取口座にしてる人が「三菱UFJ銀行」誕生で変更することは?

こんにちは!証券兄さんです。

 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは、2018年4月1日から、全額出資子会社である銀行の名称を「株式会社三菱UFJ銀行」に変更しました。同時に、英文の銀行名は、これまでの「The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.」から「MUFG Bank,Ltd.」に変更しました。

 日本で最も有名な銀行の行名変更によって、預金者が行うべきことについてまとめていきたいと思います。

 

振込主に連絡が肝心

 

 大原則として「定期的にお金を受け取っている場合は、振込主に連絡が必要」というのが一番大事です。もちろん、定期的ではなく、スポットでお金を受け取る場合、振込主には新銀行名を入力してもらう必要があります。定期的にお金を受け取っている場合には、どのようなケースがあるのでしょうか。

 

・給与を三菱東京UFJ銀行で受け取っていた場合

 毎月のお給料(給与)を三菱東京UFJ銀行で受け取っていた人は、勤務先に確認が必要です。振込元である勤務先の銀行口座が三菱UFJ銀行以外(三井住友銀行やみずほ銀行など)である場合、平成30年6月29日(金)までは新銀行名(=三菱UFJ銀行)に読み替えて入金してくれますが、7月以降は振込自体ができなくなります。

 勤務先の銀行口座が三菱UFJ銀行であった場合は、MUFGグループ間のやりとりとなるので、7月以降もしばらくは入金対応してくれますが、あくまで時限措置だとのこと。体制がしっかりしている会社であれば、既に経理が振込先を「三菱東京UFJ銀行」から「三菱UFJ銀行」に変更済みかもしれないが、余計なトラブルを避けるためにも、念のため確認したいところです。

 

・不動産の賃料を三菱東京UFJ銀行で受け取っていた場合

 不動産を所有していて、家賃やテナント料を三菱東京UFJ銀行で受け取っていた人は、入居者や店子に振込先設定の変更を依頼する必要があります。上記と同じく、振込元である入居者や店子の銀行口座が三菱UFJ銀行以外である場合、6月末までは新銀行名に読み替えて入金してくれますが、7月以降は振込自体ができなくなります。振込元が三菱UFJ銀行であった場合は、7月以降もしばらくは入金対応してくれますが、こちらもあくまで時限措置です。

 

・通帳やカード類は継続して使用が可能

 銀行が新名称となるだけであるから、預金を含めた契約関係に変更があるわけではありません。したがって、預金等の権利関係には影響がないし、公共料金等の自動引落口座として利用している場合も、そのままで大丈夫です。通帳、カード類、手形帳、小切手帳も、従来のものがそのまま使用できます。インターネットバンキングも同様です。以下に、変更が不要なものについてまとめたので参考として下さい。

<変更手続きの必要がないもの>
・金融機関コード、店名、店番、口座番号、SWIFTコード(スウィフトコード)
・利用中の通帳、証書、キャッシュカード等のカード類
・手形帳、小切手帳
・ATMの利用
・公的年金(国民年金、厚生年金)の受取口座(ただし企業年金等は支払機関への確認が必要)
・公共料金、クレジットなどの各種自動引落口座
・マル優、マル特、マル財
・契約中の融資、ローン、投資信託、外貨預金、公共債など
・インターネットバンキング

 

 今回の三菱UFJフィナンシャル・グループの件だけではなく、今後も銀行の統廃合が進むにつれてご自身にも関係してきます。ぜひ参考にしてみてください。

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。