おすすめETFランキング! 証券兄さん厳選の東証ETF銘柄とは

こんにちは!証券兄さんです。

友人から、日本の市場で買えるETFでおすすめのものってある?という質問を受けました。ETFは目的によって大きく異なりますが、今回証券兄さんがおすすめするETFについてご紹介したいと思います。

 

 

 

ETFとは?

 

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託の事です。

要するに、日経平均株価に連動するETFなら、日経平均株価を買っていると考えて問題ありません

 

ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。指数は株式だけでなく、債券、REIT(リート)、通貨、コモディティ(商品)の指数もあります。

 投資先も日本から海外に広がり、投資しにくい国と地域と資産に手軽に投資ができるようになりました。日本で上場しているので日本円で買うことが出来ます。
似ている商品として投資信託に「インデックスファンド」がありますが、 ETFは、そのインデックスファンドが金融商品取引所に上場しているようなイメージの金融商品です。

ETFもインデックスファンドも運用の目的は同じで、指数の動きに連動する運用成果をめざす、指数連動型の投資信託です。対象指数と同じ銘柄・比率で株式や債券を保有する方法や、定量的な分析によってその株式や債券の保有比率を工夫する方法、また、派生商品を使う方法で、指数の動きに連動する運用成果が可能になります。

 

インデックスファンドは、1日1回算出される基準価額で、1日1回しか取引きできませんが、ETFはそのインデックスファンドを投資家の判断で、金融商品取引所の取引時間内に、株式と同様に相場の動きを見ながら売り買いができるとイメージするとわかりやすいと思います。つまり、急なニュースや相場の変化にも対応できるということですね。

これで完璧マスター! 上場投資信託:ETFの解体真書

 

 

ETF分配金利回りランキング

 

ここでは分配金を利回り換算し、国内株式のなかから利回りの高いものから上位10位を紹介します。

証券コード銘柄名分配金利回り(%)決算日
1585ダイワ上場投信・TOPIX Ex-Financials13.771/10、7/10
1566上場インデックスファンド新興国債券5.971/10、3/10、5/10、7/10、9/10、11/10
1361iシェアーズ米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)5.454月、10月
1362iシェアーズ新興国債券ETF(Local EM国債コア)5.106月、10月
1629NEXT FUNDS 商社・卸売上場投信3.867/15
1311TOPIX Core 30連動型上場投資信託3.647/15
1622NEXT FUNDS 自動車・輸送機上場投信3.627/15
1555上場インデックスファンド豪州リート3.431/10、3/10、5/10、7/10、9/10、11/10
1677上場インデックスファンド海外債券 毎月分配型3.29毎月10日
1345上場インデックスファンドJ-リート隔月分配型3.221/8、3/8、5/8、7/8、9/8、11/8
※分配金は2017年4月末現在の情報をもとに計算しています。分配金は変更になる場合があり、市場価格により利率も変動します。

 

証券兄さんおすすめETFランキング!

 

 

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信【1343】

 

 内容としては、東証に上場しているJ-REITを時価総額で平均したものです。J-REITの分散投資と考えれば良い商品です。REITというのは、不動産投資信託のことで、不動産オーナーの権利のようなものです。中でもJ-REITは日本の一等地で商売しているものが勢ぞろいしていますので、リスクはかなり低いと思われます。

 REITの分散投資ということで、しかも日本のオフィス群で好立地ばかりが集まったものです。不動産の価値が高い日本において収益性が極端に低下することはほぼないと思います。株価暴落に備えながら、分配金をもらい、再投資を繰り返していけば、複利運用が期待できます。REITがそもそも安全重視なのに、さらに分散投資するので、かなり安定さがあります。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信【1343】

基準価額 181,785円

時価総額 2443.23億円

配当利回り 3.16%

 

東証電気機器株価指数連動型上場投資信託【1613】

 民主党時代は随分苦しめられてきた電気業界でした。しかし、アベノミクスで息を吹き返すことに成功してきています。大幅なリストラも随分進展して今後は収益回復フェーズへと本格的に進んでいくと予想。投資対象としての価値は高いのではないでしょうか。

東証電気機器株価指数連動型上場投資信託【1613】

基準価額 22,400円

時価総額 26.43億円

配当利回り -

 

上場インデックスファンド米国株式(S&P500) 【1547】 

 アメリカの株式指数であるS&P500に連動します。アメリカ合衆国の株式指数に連動します。先進国の中でも世界経済をリードするアメリカの株式を厚めに買っておきたい人は、こちらのETFが良いでしょう。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500) 【1547】 

基準価額 29,420円

時価総額 76.42億円

配当利回り -

 

NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信  [先進国株式] 【1546】

 こちらは、アメリカの株式指数であるNYダウに連動します。アメリカ合衆国の株式の中でも、ダウ工業株と言われるアメリカを代表する30社の株式指数に連動するETFです。工業株と言っても、伝統的な呼び方なだけで、工業系の会社とは限らないところにご注意ください。

 世界経済をリードするアメリカの中でも、さらにそのアメリカをリードする30社に厚めに投資したい人はこちらのETFを購入しましょう。

 

 NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信  [先進国株式] 【1546】

基準価額 24,170円

時価総額 84.49億円

配当利回り -

まとめ

 

 正直な話、ETFを購入するならば海外ETFが間違いないと証券兄さんは思います。海外ETFについては、

海外ETF 米国投資が初めてで悩む人が見るべき5つの銘柄

をご覧ください。あくまでも日本の市場でしか買わないという方は、今回ご紹介した銘柄をぜひ考えて見てくださいね。

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。