入社4年目で学生時代の「夢」を実現 ソニーの新たな研究開発の現場

こんにちは!証券兄さんです。

証券兄さんは学生時代、実は理系の研究室で研究していました。分野は違いますがIT製品や機械製品、医薬品などの研究開発には注目してしまいます。今回ソニーが開発した新製品と開発までの裏話についてご紹介したいと思います。

 

ソニーが2014年4月に平井一夫社長直轄の「シード・アクセラレーション・プログラム(SAP)」と呼ばれる新規事業創出プログラム導入から3年。社員による世界初のアイデアの「種(たね)」をスピード感を持って事業化する同プロジェクトで、少しずつだが着実に新たなイノベーションの「芽」が育っています。  

 

「理想の腕時計を作りたい」。新規事業創出部wena事業室の對馬哲平統括課長(27)は、学生時代の夢を入社4年目のソニーでかなえました。

お気に入りのアナログ腕時計の美しさとスマートウォッチの便利さを融合したかった對馬氏は今回、電子決済機能を組み込んだレザーバンドの商品化に成功ししました。

ウェナリスト

ウェナリスト Source: Sony Corporation

 

ソニーは7月上旬、フェリカ内臓のレザーバンド「ウェナリスト・レザー」を発表しました。腕に着ければ電子決済で身軽に買い物ができながら、従来の革製品の見た目であるという画期的な商品です。

 

 

開発までの道のり

 

對馬氏は14年4月のソニー入社後、社員研修で早速、ウェナリストの原型を試作しました。周囲の反響が良かったためSAP(シード・アクセラレーション・プログラム)に応募し、昼休みや終業後に先輩社員に声を掛けてはアドバイスをもらい、自力では10枚程度しか用意できなかった事業提案書を200枚まで膨らませたとのことです。

對馬氏は「専門性の高い人たちが社内にいて、すぐに適切な助言をもらえるのは大企業ならではだと思う」と語りました。同年12月、オーディションに無事合格し、3人の同期チームでウェナリストの実用化の一歩を踏み出しました。

時計と一体化した金属製ベルトの開発には昨年こぎつけたが、今回はまさに對馬氏が念願としていたアナログ腕時計に似合うレザーベルトを完成させました。

 

SAP(シード・アクセラレーション・プログラム)への挑戦は若手に限りません。16年10月、マイクロ流路という技術を活用した携帯型アロマ拡散器「アロマスティック」の商品化を手掛けたのはOE事業室の藤田修二統括課長(37)です。若手社員ではなく、中堅と言っていい年齢でした。

視覚や聴覚に訴える商品が多いソニーで、「嗅覚で新たな商品を生み出したい」という一心でSAP(シード・アクセラレーション・プログラム)に応募、チャンスをものにしました。それまでは研究畑一筋で商品開発とは無縁だったそうです。

ソニーでは固定観念にとらわれず、さまざまなアイデアを集め商品化することに成功しています。

 

 

研究開発費の削減への抵抗

 

對馬氏の入社直前、ソニーは構造改革の真っただ中にありました。12年3月期で4年連続の最終赤字に陥り、4月にはハワード・ストリンガー氏の後任として平井氏が社長兼最高経営責任者(CEO)に就いた時期です。平井氏はテレビやゲーム事業の抜本的改革に着手し、パソコン事業からは撤退するなどの厳しい経営判断を断行していました。

構造改革の下ではスマートフォンやデジタルカメラに搭載されるイメージセンサーなどの半導体事業や金融事業が業績を下支えしたが、世の中をあっと言わせるようなヒット商品には恵まれませんでした。16年3月期の研究開発費は10年前より約18%減少しています。

ただこれはソニーだけに限った話ではありません。経済産業省の研究開発費のデータを見ると、

米国、中国などは大幅な増加をしていますが、日本のみ横ばいとなっています。グローバル化が進み、世界全体がライバルとなる昨今において相対的にみれば研究開発費は減少しているとも言えます。(証券兄さんは日本の不況はここに根本的な原因があると思いますが、その話はまた別の機会にしたいと思います。)

そんな中、ソニーで誕生したのがSAP(シード・アクセラレーション・プログラム)でした。「種」に選ばれるのは容易ではありません。3カ月に1回の社内オーディションで有望と評価されて初めて3カ月分の資金や必要な人員が提供され、それ以上の支援を得るためには3カ月で結果を出す必要があります。

最終的にはクラウドファンディングで資金を集め、市場の評価も得ないと事業化できません。これまでに9回の社内オーディションが行われ、応募件数は約600件、応募人数は約1600人に達しましたが、現時点で事業化されたのはウェナリストやアロマスティックを含め12事業にとどまります

社長直轄と言ってもトップダウンではなく、SAPでは自由闊達な環境が保証されているそうです。對馬氏は「平井さんも腕時計好きでアドバイスはもらったが、『こうしなさい』と言われたことは一度はなかった」と語りました。

 

今後は、実際にSAPからヒット商品が生まれ、ソニーの稼ぎ頭となれるかが焦点となります。ソニー広報の多田謙介氏は、SAP(シード・アクセラレーション・プログラム)の収益化は「これからが正念場」と答えるのにとどまりました。

しかしながら、大企業がこのように新しい取り組みを行うのは容易ではありません。それでもこの変化が速い時代に即座に対応しようとする姿勢は高い評価ができると証券兄さんは考えています。

 

 

まとめ

現状では、外国の人たちから「現状では余興に過ぎないように見える。平井氏はもっと他の事業に注力した方がいい」や、「SAPからウォークマンが生まれるかって?当面は無関係だろう」と否定的な見方が多いです。

しかし、技術の発展により既存の技術をいかに利用するかアイデアが必要な時代になったと証券兄さんは思います。

SAP(シード・アクセラレーション・プログラム)を通してソニーに新たなイノベーションの風が吹けば、トリニトロンテレビやウォークマンのような製品の誕生につながるのではないでしょうか。あくまでご参考までに。

 

<6758>  ソニー

4,410円(08/07)

PER:21.84倍 PBR:2.15倍 配当利回り:-

チャート画像

ヤフーファイナンスより引用

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。