証券兄さんが教える『NISA(ニーサ)』口座の裏ワザ

こんにちは!証券兄さんです。

知っているようで知らない「NISA」について、基本的なことから知っている人がほとんどいない裏技についてまとめていきたいと思います。

 

NISA(ニーサ)とは?

 

「少額投資非課税制度『NISA(ニーサ)』」と書かれている通り、『少額』の『投資商品』を買って『利益』が出た分は『非課税』になる『口座』です。

『NISA(ニーサ)』口座は『投資信託』しか使えないのかという人がいらっしゃいますが、『投資商品』なので、『投資信託』(外国籍公募株式投資信託や上場新株予約権付社債を含む)の他、『上場株式』・『上場REIT』・『上場ETF』等、様々な『投資商品』に使えます。

『国債』『社債』などは含まれません。

これについて基本的なことは「NISAとは?」をご覧ください。

『NISA(ニーサ)』口座の『メリット』

 

NISAのメリットはなんといっても、120万円までの投資なら株や投資信託などで得た利益(配当金、売却益)の税金がかからないことです。

 NISAではない普通の口座(特定口座・一般口座)だと、投資で得た利益には20.315%の税金がかかりますが、それがNISAなら非課税なんです

例えば100万円の株を買って、150万円まで値上がりしたときに売ったら、売却益(譲渡益)は50万円です。でも、実際に自分が手にできる金額には、NISAかNISAじゃないかで、なんと10万円以上の大きな差が出てきます

※別途、証券会社に支払う売買手数料がかかります(SBI証券など、NISAなら手数料無料の証券会社もあり)

 

NISAで間違えやすいのが、非課税になる対象についてです。売却益の120万円までが非課税になるというわけではありません。120万円の資金で購入した株に対して、儲けた売却益への税金が免除になる制度です。

例えば、120万円の株を買って300万円で売った場合、売却益180万円が非課税になります。

しかもNISAは非課税なので、確定申告も必要ありません。確定申告に慣れていない会社員にとっては、手間もかからず嬉しい制度ですよね。

 

『NISA(ニーサ)』口座の『デメリット』

 

テレビのCMなどでは非課税というメリットだけが強調されていますが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。

NISAじゃない口座ならできるのに、NISA口座だとできないことがあるのです。とくに、NISA口座とNISA以外の口座を同時に運用している人は次の点で注意してください。

 

・NISAでは利益と損を相殺する損益通算ができない

NISA以外の口座なら投資での利益と損を相殺できます。一方では儲けたけど、もう一方では損した場合に、利益と損を中和できるということです

例えばSBI証券と楽天証券でそれぞれ1つずつ特定口座を持っていて、ある年の結果が次のようなったとしましょう。

 特定口座(SBI証券)で、50万円の利益
特定口座(楽天証券)で、50万円の損失

上の場合、相殺してプラスマイナス0になりますから、確定申告すれば税金はかかりません。

 

一方、NISA口座だとこの損益通算ができません。

 特定口座(SBI証券)で、50万円の利益
NISA口座(楽天証券)で、50万円の損失

 

楽天証券のNISA口座内で出る損失は非課税対象なので、SBI証券での利益と相殺することができず確定申告時に20.315%課税されます。

 トータルで見ると全く儲けていないのに、NISAでは税金だけ支払い義務が発生するデメリットがあります。

 

・NISAでは損失を3年間繰り越す損失繰越もできない

次にNISAの損失繰越について説明します。特定口座や一般口座なら確定申告すればその年に出た損失を3年間繰越して、税金の繰越控除を受けられます

 

例えば特定口座(NISA以外の口座)で、次のような損失と利益を出したとしましょう。

 特定口座で、昨年50万円損失を出した
特定口座で、今年20万円利益を出した

 

上の場合、損失繰越していれば50万円の損失より20万円の利益のほうが少ないので、今年に出した利益20万円に対して税金はかかりません。

 

しかしNISAでは損失繰越ができません。

 NISA口座で、昨年50万円損失を出した
特定口座で、今年20万円利益を出した

 

この場合だと、昨年に出したNISAの損失は繰り越すことができないので、今年に出した20万円の利益に対しては20.315%課税されてしまいます。

NISA口座とNISA以外の口座を同時に運用しようと考えている人は、こんなデメリットもあると覚えておきましょう。

 

・信用取引に興味がある人には代用有価証券にもならない

ここで説明する内容は信用取引に興味がある人にだけ関係します。NISA口座では信用取引はできませんし、NISA口座で持っている株は代用有価証券としては使えません。

 

 

NISAの裏技 「ロールオーバー」

 

それではNISAを使った長期投資戦略を紹介します。それはロールオーバーを上手に活用することです。

ロールオーバーとは、非課税期間終了までに保有した株式をその時点の時価で売却したものとみなして、売却益を非課税にして、売却損をなかったものにします。

言い換えれば、含み益と含み損を非課税期間終了時に精算する制度です。

これだけではわかりづらいので、具体的な例で説明します。

 

2016年に株式を120万円で購入
2020年まで保有
時価は150万円に上昇
2022年に180万円で売却

 

NISAのロールオーバーを活用した場合の売却益
売却益30万円=売却価格180万円-時価150万円

NISAを活用しないで、特定/一般口座の場合の課税対象金額
売却益60万円=売却価格180万円-購入金額120万円

つまり、ロールオーバーによって含み益30万円が精算されたために、売却益が通常の60万円から半分の30万円に抑えられます。つまり30万円分に対してのみ税金を払えばOKになります。

 

しかしながら、逆の場合は損失が大きくなるので注意しなくてはいけません。

2016年に株式を120万円で購入
2020年まで保有
時価は80万円に下落
2022年に180万円で売却

NISAのロールオーバーを活用した場合の売却益
売却益100万円=売却価格180万円-時価80万円

NISAを活用しないで、特定/一般口座の場合の課税対象金額
売却益60万円=売却価格180万円-購入金額120万円

つまり、含み損40万円がなかったものとして取り扱われるために、売却益は100万円までに膨れ上がります。100万円分の税金を払わなくてはいけなくなってしまうので注意が必要です。

 

 

まとめ

NISAのロールオーバーを使った長期投資戦略をポイントは次の2点を念頭に置くことに尽きます。

・株価が購入金額より上昇すればメリットに働く

・株価が購入金額より下落すればデメリットに働く

これを押さえておけば、税金に対して非常に有利になりますので(例:売却益が50万円が20万円になる場合は、6万円もの儲け)どんどん活用していきましょう。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。