【クレジットカード消滅?】米国で急速に広がるモバイル決済「ベンモ」とは?

こんにちは!証券兄さんです。

米国が「カード社会」であることは周知の事実です。だが、その米国でスマートフォンを利用した電子決済(モバイル決済)が普及しており「クレジットカードが消滅するのではないか」との観測まで流れているようです。

そこで今回は、米国で急速に広がるモバイル決済「ベンモ」についてまとめていきたいと思います。

米国で広がるモバイル決済

 

 欧米を中心にスマートフォン(スマホ)での個人間送金が普及しているが、ウォール街も例外ではない。「Just venmo me」というフレーズはすでに市民権を得ており、筆者も会話やメール等のやり取りにおいて「現金、小切手もしくはベンモで」というフレーズに触れることもしばしばです。ベンモ(venmo)とはスマホやタブレットといったモバイル端末を利用して個人間での送金や決済を可能にするアプリのことで、誰にでも簡単にダウロードできる。

 創業者のコーティナ氏とイスマイル氏は大学時代のルームメイトで、ある日イスマイル氏がコーティナ氏に小切手を振り込んだことが起業のきっかけとなりました。米国では友人から借りたお金を小切手で返すのはごく一般的なことであるが、小切手を書くのは面倒であり、受け取っても現金化するためには銀行に行く必要があります。

 

 こうした煩わしさをスマホで解消してしまおうというのがそもそものコンセプトだったが、人気の秘密はその先にありました。すなわち「割り勘」機能です。学生はもちろん社会人であっても仲間とレストランに行く機会は多い。ベンモには「割り勘」機能が搭載されており、端数に煩わされる心配がありません。

 さらに革新的だったのは、ベンモがSNSとリンクしていることです。自分がどこで何をしたのかを仲間と共有できるほか、友達が誰とどこで食事をしたり、どこに旅行に行ったのかなども知ることができます。こうした「つながっている感」がミレニアル世代を中心とした若者にウケたわけです

 

 ベンモは2009年に設立、その後2012年にブレインツリー(BrainTree)に買収され、さらに2013年にはPayPalがブレインツリーを買収して現在に至っている。ブランディング戦略の意味合いから買収後も社名は残されています。ちなみに、2013年の取扱高は5億ドルだったが、その後は爆発的に増加しており2017年4~6月期には80億ドルの支払いを処理しています。

 ベンモに必要なのは銀行口座とスマホの2つのみであり、簡単に利用が開始できる。カードを利用しなければ手数料が無料であることも普及を後押ししました。ベンモの利用はPayPalで支払いを受け付けているほとんどの小売店で可能になる予定であり、既にその数は200万店を超えると予想されます

 

 現時点では、旅行や宿泊などの予約にはクレジットカードがまだ不可欠であり、魅力的な特典も多いです。無担保で信用を供与している点も消費者にはありがたいサービスであり、この点で競合が現れるのかどうかがクレジットカードの分かれ目になりそうです。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。