【リッチ貧乏】自分がお金持ちだと錯覚する人に足りない知識とはなにか?

こんにちは!証券兄さんです。

お金の稼ぎ方や使い方を考える上で、避けては通れない話題がある。それは税金です。収入が少ないうちは税金のことについてほとんど考える必要はないが、収入が多くなってくると、税金の問題が一気に重要になってきます。

そこで今回は、自分がお金持ちだと錯覚する人に足りない知識についてまとめていきたいと思います。

 

リッチ貧乏になる原因とは

 

税金に関する話はお金持ちになる前から知っておいたほうが絶対によいものです。税金を知ることはお金持ちへの第一歩なのです。このところ雑誌やネットなどで年収1000万円の人の生活が話題になっています。年収が1000万円もありながら、生活が苦しく、お金がほとんど貯まらないというものです

 年収がそれほどでもない人にとっては、なぜそのようなことになってしまうのか、不思議かもしれないですが、この原因のひとつには税金の問題があります。税金のことをよく知らないと、このようなリッチ貧乏になってしまうのです。

 

 日本において、年収1000万円以上を得ている人は、わずか172万人しかいません。これは給与所得者全体のわずか4%です。しかし年収1000万円以上の人が払っている所得税(源泉徴収のみ)は全体の半分近くを占めています。つまり4%の人が全体の5割弱の税金を払っているのです。

 よく知られているように、日本は所得が高くなるほど税金が高くなる累進課税という制度を採用しています。逆に言えば、給料が安ければ安いほど、税金がかからない仕組みになっています。

 つまり、日本では年収が高くなればなるほど、相対的には支出を減らしていかないと、お金が貯まらないようになっているのです。年収が2倍、3倍になったからといって、実際に手にするお金が2倍、3倍になるわけではないのです。

 ところが、年収が高い人は、自分はお金持ちだと錯覚してしまい、2倍年収があれば2倍、あるいはそれ以上の支出をしてしまいがちです。結果として、高給取りなのに生活が苦しくなるという状況に陥ってしまうのです。

 税金についての問題は、給料をもらう立場から、会社を経営する立場になるとさらに重要になってきます。法人税は所得税と異なり、50%近くの税率になってくるからです。

 簡単にいってしまうと、企業を経営するにあたっては、100万円のお金を得ようと思ったら、実際には200万円を稼ぐ必要があるのだ。利益が出ている会社の経営者は、会社が稼いだお金を常に半分にして計算するクセがついているくらいである。

 もちろん現実には、各種の優遇税制を利用したり、経費をうまく使うといった節税策を活用することになる。だが、いくら節税策を活用したとしても、税金を大幅に圧縮することは不可能である。お金を稼ぐためには、常に税金という「経費」を頭に入れておく必要がありますね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。