【お金持ちの教育】 億万長者が子どもに与える教育環境「ボーディングスクール」とは?

こんにちは!証券兄さんです。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏や著名投資家のウォーレン・バフェット氏などは、子どもたちに多くの資産を残さず、残りの財産は寄付すると明言しています。とはいえ少しといっても庶民が想像できないほどの金額ですが…。

今回は、億万長者がお金よりも子供に与えたい教育事情についてまとめていきたいと思います。

億万長者は成功するために「教育」を残す

 

 成功になによりも必要なものは、与え得る限り最高の教育である。

 米国の億万長者は、子どもが高校生くらいの年齢に達するとマサチューセッツ州ボストンをはじめ、歴史ある東部諸州でアイビーリーグへの大学進学に特化した全寮制・寄宿学校であるボーディングスクールに入学させることが多いです。

 政財界の有力者・法廷弁護士・医師・金融関係者などにボーディングスクール出身者が多数存在するのも、そうした背景があります。

 名門校出身の厳しい教授陣が学業と生活を監督する環境で、エリートの子女が互いに切磋琢磨し、一生の財産となるネットワークを育んでゆくのです。

 米国以外でも、王族や貴族の子弟たちと机を並べられる英国、世界中の富裕層が競って子どもを留学させるスイス、英国の名門ボーディングスクールが分校を設立するアジアの英語教育の中心シンガポールなどに、こうしたスクールは多く存在し、日本人生徒にも広く門戸を開いているそうです。

 著名な投資家ジム・ロジャース氏が2人の娘のために、シンガポールに教育移住したのは有名な話ですね。

生き抜く力、人脈、英語力

 

 ボーディングスクールでは具体的にどのようなことが学べるのでしょうか。

 年間400〜600万円前後の授業料をかける価値があるのは、例えば、「自立して生き抜く力の開発」、「欧米エリート大学で優秀な現地生徒に伍していける能力とパフォーマンス力の養成」、そして何より、「世界の富裕層子弟との人脈作り」といったものを得ることができるからです。

 エリートの教師や生徒たちと、寮生活で深く何年間も交わり続けることで、選抜された者の教養と素養や多様性が自然と身についてゆくそうです。

 多くのボーディングスクールは、全人教育を理念に掲げ、徹底した少人数制の下、文武両道教育を行っています。

 米国では、先生と生徒の比率が1:6という学校さえあるそうです。

 国際標準の教育プログラムである国際バカロレア (IB) 資格をウリにするところもあります。

 日本人生徒にとっては、世界の共通語・ビジネス言語である英語をはじめ、第二・第三外国語を生活の中で身につけられる利点がありますね。

 日本にボーディングスクールはありませんが、同じように「ナショナルスクール」というものがあります。

 こちらはボーディングスクールほど厳しい学校ではありませんが、英語力や国際的な人脈作りができるのは同じですね。

 実際にインターナショナルスクール卒業生がどのように経済界で活躍しているのでしょうか?

メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長

 アメリカンスクール・イン・ジャパンから早稲田大学社会科学部に進学。メルセデス・ベンツ日本に就職。その後、社長室室長、ダイムラー・クライスラー商用車部門常務取締役、副社長などを経て、2012年から現職。

ソニー株式会社 平井一夫社長

 アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業し、国際基督教大学教養学部を卒業。その後、CBS・ソニーに入社、Sony Computer Entertainment Americaなどを歴任し、現職。

MITメディアラボ 伊藤穰一所長

 西町インターナショナルスクールからアメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業。タフツ大学コンピューターサイエンス専攻中退、シカゴ大学物理専攻中退、ニュースクール大学、一橋大学大学院博士課程中退し、「価格.com」などを関連会社に持つ株式会社デジタルガレージの創立者のひとりです。

「教育こそが最大の投資」であり、愛するわが子がたくましい国際的なリーダーに育つには、長い旅が必要になることもあります。

 とはいえ、昔に比べたら今の時代はやりようにより「英語力」「国際的な人脈」などはインターネットを介しても作ることができるようになりました。

 証券兄さんもそういった力をつけられるように、今からでもがんばろうかなと思います。

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。