テクニカル分析とは?

こんにちは!証券兄さんです。

テクニカル分析って難しそう・・・。そんな印象をお持ちの方も多いのではないせしょうか?でも、テクニカル分析とは、「株価の過去の値動きパターンから将来の値動きを予想」するということ。過去の傾向がわかれば、ある程度将来を予測することができ、投資成績にも差が出てくる可能性が高いのです。今回はテクニカル分析についてまとめていきたいと思います。

テクニカル分析でできることは?

 

 テクニカル分析とは、よりうまく取引をするために、過去の値動きパターンから将来の値動きを予想することです。

 難しそうなイメージがありますが、決して投資上級者だけが行うものではなく、実は投資初心者の方でも十分使える便利なものです。

 テクニカル指標は世の中にたくさんの種類が存在し、全てを使いこなそうとするのは大変ですが、基本的な指標だけでも活用すれば、取引が格段にしやすくなります。

 テクニカル分析でできることは、大きく分けると2つになります。

株価のトレンド(方向性)がわかる

 株価が今後も上がるのか下がるのか、トレンド(方向性)を知ることができれば、取引に役立てることができますよね。

 そんな株価のトレンドに乗って取引を行うことを「順張り投資」と言います。

 株価が上昇基調にあり、今後もまだまだ上昇すると予想する時に買い、株価が下落基調にあり、今後もまだまだ下落すると予想する時に売る、という投資の方法です。

「順張り投資」は「トレンドフォロー」と言われることもあります。

 一般的に、順張り投資は株価の上昇を確認してから買うことになるので、その分出遅れてしまいますが、トレンドを押さえておけば利益を出せる確度が高まるため、初心者に向いているとも言われています。

 じゃあ、そのトレンドはどうやったらわかるのか、そんな時に、テクニカル分析が効力を発揮するのです。株価のトレンド(方向性)を予測できる指標についてはまたあらためて書いていきますが、トレンドを知ることが出来ると覚えて下さいね。

売買タイミングがわかる

 どのタイミングで買えばよいのか、または売ればよいのかわからないということがあるのではないでしょうか。

 順張り投資ではなかなかそのタイミングを掴めないというデメリットがあります。

 しかし、「逆張り投資」なら株価が下がりすぎていて、これ以上下がらないと予想する時に買い、株価が上がりすぎていて、これ以上上がらないと予想するところで売るという投資方法なので、売買タイミングは比較的決めやすいかもしれません。

 ただ、「逆張り投資」では、予想が当たれば利益が大きく出るものの、株価の「底」を見極めることは難しく、初心者には不向きとも言われています。

 じゃあ、その株価の上がりすぎ、下がりすぎはどうやったらわかるのか、そんな時に、テクニカル分析が効力を発揮するのです。

 売買タイミングを予測できる指標については、またまとめてますのでぜひご覧ください。

 一口に「テクニカル分析」といってもその分析法は多岐に渡り、もっとも基本的なものは短期移動平均線と長期移動平均線を用いたものやローソク足分析、一目均衡表と呼ばれるものですが、これらは比較的単純で誰でも使いやすい分析法です。

一方RSI、MACD、ストキャスティクス、パラボリックなど、複雑で敷居の高い分析法もあります。

テクニカル分析は大きく分けてトレンド系とオシレーター系の二系統に分類できます。

上記で説明した通り、トレンド系とは言葉通り相場の方向性を見極めようとする分析法で、順張りに適しているとされており、オシレーター系は相場の振り幅などで、買われすぎや売れれすぎなどを察知し相場の転換点を探る分析法で、主に逆張りに向いています。

各分析法のトレンド系、オシレーター系の分類は以下の通り。

トレンド系

・ローソク足分析
・移動平均線
・酒田五法
・パラボリック
・エンベロープetc…

オシレーター系

・ボリンジャーバンド
・RSI
・MACD
・ストキャスティクスetc…

上記以外にも様々な分析法があるのですが、闇雲により多くの分析法を知っていた方がいい訳ではないので代表的なものを挙げました。

 テクニカル分析は「この分析法だと買いサインなのに、別の分析法だと買うタイミングではない」といった状況が生まれることも多々あるので、自分の得意な分析法をいくつかに絞って集中的に覚えた方がいいでしょう。それまでは様々な分析法を試してみるのもいいと思います。

 では具体的にどのテクニカル分析法が優れ、どれを覚えればいいのか?

 これは本当に難しい問題で、具体的に「この分析法が優れている」というものはありません。

 どれも一長一短…というか、テクニカル分析は過去の値動きなどのデータを今のチャートに当てはめて将来の値動きを予想するため、世界情勢や状況によって予想外の動きをする事は日常茶飯事で、ハッキリ言ってしまえばどれも信頼性に欠ける。

それでも必ず覚えておいて欲しいのは移動平均線を用いたものと一目均衡表です

この二つはテクニカル分析の基本とも言え、世界的に一番使われているであろう分析法ですし、なにより比較的単純で覚えやすい。

そしてもう一つ大きな理由に「投資家心理」が関わってきます。より多くの投資家が用いている移動平均線と一目均衡表は、それが故に相場の流れ以外に多くの投資家の「心理」も読める点で私はこの二つの分析法を強くオススメします。

この2つについては次回まとめたいと思いますのでぜひご覧ください。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。