【株価はいくらまで上がる】時価総額と名目GDPからみる日経平均の3万円説

 こんにちは!証券兄さんです。

 株価が好調です。この株高で景気も良くなっているのでは、という印象とともに、一体どこまで上昇するのだろうとお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回は名目GDPと時価総額を使用したいわゆる指標をもとに株価がどこまで上昇する可能性があるかについてまとめていきたいと思います。

 

 

日経平均株価は2万2000円台を超えて好調です。この株価をどうとらえればよいのでしょうか。

株価水準を考える際に、上場企業の時価総額の合計と名目GDPの比較をするという考え方があります。わりとベーシックな手法です。

1994年1月から2017年10月までの日本取引所グループが公表している月次の時価総額データと内閣府の名目GDPデータを比較すると、

 

・1994年から2017年前半までは時価総額は各年の名目GDPに対して概ね40%半ばから120%程度で推移

・2017年10月に関しては時価総額が名目GDPに対して125%であり、1994年以降で最高値になっている

 

現在の時価総額は1994年以降で見て名目GDPに対して高い水準といえます。

過去のサイクルを重要視する人から見れば「これまでの120%という目安を大きく超えてきているので、近い将来下落するのでは」と指摘する人がいるかもしれません。

一方、過去を見てみると時価総額が大きく落ち込んだ際には名目GDPの半分程度まで落ち込んでいます。株式市場は景気や企業業績の見通しに関して悲観的になった状況では時価総額が名目GDPの半分になるところまで売り込むという傾向があるようです。

 

 

では、投資家が景気や企業業績に対して楽観的になったとしたら、名目GDPに対してどの程度まで買うのでしょうか。

仮に、時価総額が名目GDPに対して50%上振れる状況を想定するとどうでしょうか。上で使用した2017年の名目GDP値を使用すると、時価総額は2017年10月末よりも約20%高い水準。日経平均株価の2017年10月末終値よりも20%高い水準だと約2万6400円になります。

さらに楽観的なケースで時価総額が名目GDPに対して100%上振れるとなるとどうでしょうか。同じ前提で考えると時価総額は10月末よりも約60%高い水準。日経平均株価でいえば、約3万5200円にもなります。

 

最近は好調な株価を背景に「日経平均株価は3万円に到達するかも」と口にする人も増えてきたように感じます。

ここまで見てきたように、現状は過去の水準から見れば高い水準です。過去のサイクルとしては株価が調整してもおかしくない水準にまで来ているとも言えます。とはいえ、過度に楽観的な状況になれば「今回は過去のサイクルとは違う」と言い出す人もいます。

所詮予想は予想でしかないので、どちらになっても良いように想定しておくべきですね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。