【海外と日本の比較】「時間」と「お金」、どっちが本当に大事でショー?

こんにちは!証券兄さんです。

 「時間」と「お金」はどちらが大事ですか? ニッセイ基礎研究所が発表した『「パワーカップル」世帯の動向(4)-パワーカップルの高額消費、「時間がない」を解決する消費に期待:基礎研レター』によれば、共働き世帯が増える中では「時間がない」ことを解決する消費が今後活性化される可能性があるとの見解をまとめています。

 今回は、「時間」と「お金」について、世界の消費者に対しておこなった意識調査の結果をまとめていきたいと思います。

 

「時間重視」は「お金重視」の3倍超

 

データと科学に基づく調査に定評のあるGfKは2016年夏、アルゼンチン、オーストラリア、 ベルギー、ブラジル、 カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ロシア、韓国、スペイン、イギリス、アメリカ合衆国の世界17カ国における15歳以上の消費者2万2000名のインターネットユーザーを対象に、「時間」と「お金」、および「所有」と「体験」のどちらを重視しているのかについての意識調査をおこないました。

 調査結果は各テーマについて、「全くそう思う」から「全くそう思わない」の7段階を選択してもらう方法で行なわれ、回答のうちトップ2の合計を「そう思う」、ボトム2の合計を「そう思わない」として集計したものだ。その結果、「お金があるより時間がある方が良い」と考えている人の割合が31%に達し、「そう思わない」の9%を大きく上回りました

 

データは嘘をつかないですね。

 

 グローバルの消費者が「物質的なお金やモノよりも目に見えない時間や体験を重視している」ことが、顕著に示された結果となりました。

  国別にみると、お金より時間を重視している傾向が強い上位の3カ国は、中国の41%、ブラジルの37%、アルゼンチンの32%などとなっている。

 

 ここで日本の場合、お金と時間の比較に関しては、グローバルとはやや異なる傾向がみられました。「お金があるより時間がある方が良い」と考えている人が11%であったのに対し、「そう思わない」12%を占めており、時間とお金が同程度に重視されていることが読み取れます。

 「そう思う」という人の割合が最も多かったのは30代と40代で、ともに13%でした。一方「そう思わない」は30代が10%、40代が9%だった。さらに15歳以上の10代と20代においては「そう思う」が12%だったのに対し、「そう思わない」が10代の10%、20代の9%を占めていました。

 それが50代になると、「そう思う」という人の割合が11%だった一方で、「そう思わない」の比率が16%へと急上昇する。60代以上になるとこの傾向はさらに顕著となり、「そう思う」の6%に対し、「そう思わない」は13%となっています。

 

結局、お金持ちは時間をお金で買い、貧乏人が時間をお金で売るということ。

まずは、時間をお金で買う意識を持つことから初めていきましょう!

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。