【カジノ】 日本初のカジノについての今さらなギモン、調べたよ!

こんにちは!証券兄さんです。

統合型リゾート(IR)実施法が2018年7月に成立し、いよいよ日の丸カジノが実現に向け本格的に動き出しました。

観光の目玉として期待されるカジノだが、まだまだ不明な点も多い。いったい日本初のカジノ施設はどのようなものになるのかまとめていくよ!

まとめると、

・カジノは国内三か所上限で作られる予定。場所はまだ決まらず。

 

・日本人には入場料が課され、1回の入場に付き6,000円。

 

・カジノブームが来る前に、建設系の株を仕込むのもあり?

 

詳しくは以下の記事をどうぞ

日本初カジノの疑問点

 

まずカジノはどこに造られる予定なのだろうか。政府は国内のカジノの認定数について、まず3ヵ所を上限とすることを決定。

 

ただし今のところ具体的なカジノの建設場所については決定しておらず、今後選定していく予定です。

 

当面は国内でわずか3ヵ所のみとあって、カジノ誘致を目指す各自治体は早速誘致活動を活発化。2018年8月上旬に開催された内閣官房によるIR説明会では、3日間で40近くもの自治体が参加し、関心の高さがわかりますね。

 

大阪府や大阪市が誘致を検討している大阪湾内の人工島「夢洲(ゆめしま)」は、現時点での主なカジノ候補地の一つです。夢洲構想では既に大林組 <1802> や鹿島 <1812> も開発に関するプロジェクトチームを設け、参画に向け動き出しています。

 

北海道でもIR誘致の動きが活発。道内では苫小牧市、釧路市、留寿都村がカジノ誘致に名乗りを上げています。

 

3自治体の内、2018年8月に北海道で開かれた有識者会議では、開設可能なIR施設の規模やIR関連事業者の関心度、新千歳空港への近さなどから、道内であれば苫小牧市の可能性が濃厚とされています。

 

まだ決まっていませんが、いきなり三か所と思うと結構多いですね。

 

 

場所の次は、観光客だけじゃなく日本人もカジノに行けるのかと言うことです。ギャンブル依存症どうこう言われてましたね。(その前にパチンコなんとかしろよという個人的意見)

 

海外からの誘客を目的とし、観光振興の目玉と位置付けられているカジノですが、日本人もカジノを利用することは可能です。ただし日本人がカジノを利用する際には、様々な制限が課されることが予定されています。

 

外国人が日本のカジノを利用する際には入場料は必要ないが、日本人・在日外国人には入場料が課され、1回の入場に付き6,000円が予定。

 

また同じく日本人・在日外国人を対象に、入場回数を週3回かつ月10回までに制限することも決定。これらの制限はギャンブル依存症対策を主な目的として厳しく実施され、カジノ入場時にはマイナンバーカードで本人確認が行われるそうです。いがいと厳しいですね。

 

しかもIR実施法によって、カジノの面積は統合型リゾート施設の延床面積のわずか3%までと定められています。なので思ったよりも大きくないかも。入場も厳しいし施設も大きくしすぎないと、かなりきっちりですね。

 

残りの97%はショッピング施設やレストラン、バー、ホテル、コンベンション施設など、カジノ以外の施設となる。カジノが好きな人はもちろん、カジノに興味のない人でも楽しめる一大統合型リゾート施設が誕生する予定。行ってみたいですね。

 

今後、カジノ誘致に向けてさらに動きが活発化することが予想されるが、まずは日本のどこにカジノが造られるか、そしてどんな企業が工事をするのかに注目です。

 

個人的には、東京オリンピック後の冷え込み時期に仕込んでカジノブームで売りたいと思ってます。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。