【超低金利】日本の住宅ローンが安いのは異常?それとも正常?世界の国々と比較!

こんにちは!証券兄さんです。

2016年1月に日銀がマイナス金利を導入して以降、日本では住宅ローンが過去最低水準にまで下がっています。2018年6月現在、一部の例外を除いて全般的に住宅ローン金利が引き上げられたとはいえ、上がり幅は0.02~0.67% と小さいです。固定20年超の金利を最大に引き上げたソニー銀行ですら1.453~1.503%。変動金利が8.5%まで上がったバブル期とは雲泥の差です。

2008年の金融危機以降、先進国を中心に世界的な低金利傾向が定着しているとはいえ、ここまでの大盤振る舞いの住宅金利を提供している国は日本以外にあるのでしょうか。

 

政策金利は住宅ローンに影響する?

 

住宅ローンを含むあらゆるローンの金利は、中央銀行が定める金利に影響を受けます。一般的には中央銀行が政策金利を下げれば住宅ローンの金利も低くなり、政策金利を上げれば住宅ローンの金利も高くなるといわれています。しかし国・地域の住宅事情や経済情勢によって異なり、すべての国・地域に該当するわけではありません。

Globalrate.com2018年6月8日 のデータによると、マイナス金利を導入しているスイスは政策金利がマイナス0.75%、住宅ローンは3~15年固定で1.23~2.03%。 スウェーデンの政策金利はマイナス0.50%、住宅ローンは3~10年固定 で1.85~3.50%となっています。政策金利が17.75%というトルコでは、住宅ローンの金利も低いです。その上2018年に入り、大手による住宅ローン金利の引き下げが目立ちます。最大手ズィラート銀行は満期10年以内、最大11.7万ドルまでの住宅ローン金利を月利1.23%から月利0.98%へと引き下げました。ハルク銀行も同じく0.98%という超低金利を提供しています。

政策金利が7.25%のロシアは、住宅ローンの金利が高いです。2017年4月、ロシア貯蓄銀行が金利を12%から9%以下に一時的 に引き下げたものの、2018年3月にはプーチン大統領が「自国の住宅金利を7%に抑えるべき」との声明を発表しました。

 

2015年12月、9年ぶりの利上げに踏み切った米国は、利上げとともに住宅ローンの金利も上昇しています。種類によって差があるが、2018年6月7日のモーゲージニュース・デイリーのデータによると、固定期間を問わず3~4%台が相場のようです。

一例を挙げると、米住宅ローン市場で最大の規模を誇るウェルズ・ファーゴの金利は、15~30年固定で4.25~4.75%。5、7年変動は各4.250%、4.375%。第2のJPモルガン・チェース は15、30年固定が各3.875%、4.5%。7年変動が4.250%。バンク・オブ・アメリカは15~30年固定で43.0~4.5%、5~10年変動で3.75~4.125%。USバンクは10~30年固定で4.125~4.625%、3~5年変動で3.500~4.125%などとなっています。

確実に家計を圧迫する要因として懸念されているものの、アメリカの景気がよく、賃金上昇への動きが活発化していることから、現時点においてはそれほど深刻視されていないようです。しかし一部の地域では既に住宅価格が高騰し、初めて住宅を購入する消費者にとっては厳しい状況となっています。

最も消費者に影響をあたえるのは、30年の固定金利の上昇です。連邦住宅金融抵当公庫の調べによると、2月に30年固定住宅ローン金利は4.40%と2014年4月以来の高水準に達しています。 モーゲージ・バンカーズ・アソシエーションの予想では、年内に4.6% に引き上げられる可能性もあります。

世界のローン金利と日本を比べてみると、日本は超低金利であると言えますね。まだまだローン金利が低い日本は好景気とは言えなそうです。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。