【最悪の展開】気が付いたら日経平均2万円割れ寸前!2019年はどうなる?

こんにちは!証券兄さんです。

ちょっと相場から離れてたら日経平均が大暴落していました。

今回は、日本市場の現状と今後どうなるのかについてまとめていきます。

 

日経平均が1年3ヶ月ぶりの2万円割れ寸前

 

12月21日の午前、日経平均株価が2万円割れ寸前(20,006円67銭)まで下落

 

米中貿易戦争や世界的な景気減速懸念などを背景に市場心理が急速に悪化したためで、「売りが売りを呼ぶ」(売るから下がる、下がるから売る)展開です。損失覚悟の売りも出ているようだ。もし2万円を下回れば、2017年9月15日以来のこと。

 

こうなると一段の株価下落も想定しておく必要があります。目先は一旦下げ止まったとしても、年明け以降は重要なリスクイベントが相次ぎ、下値を模索する展開となる可能性があるからです。

 

その場合、下値メドとなるのはPBR(株価純資産倍率)0.9倍~1.0倍程度だと思われます。なぜならリーマンショックやアベノミクス始動前の「最悪期」も、この水準が日経平均の下値として機能しました。

 

株価は企業業績と市場心理(投資家の強気か弱気)で決まりますが、短期的には主に市場心理が株価を支配します。

 

なぜなら、企業業績は日々大きく変動することがないのに対して、市場心理は金利や為替相場、経済指標、要人発言などで揺れ動くからです。特に、現在のように悲観的な状況では業績予想が当てにならないので、市場心理の影響が圧倒的に大きくなります。

 

その場合でも株価はどこまでも下がるわけではありません。PBR0.9倍~1.0倍程度が下値メドとして意識されるのは、PBR1.0倍は理論上「企業の解散価値」と株価が等しいからです。

 

たとえば自己資本(簿価)100億円の企業の株価(時価総額)が80億円の場合、その企業の全株式を80億円で買って会社を精算すると100億円の資産を得られる。これが実現すれば「濡れ手に粟」なので、そこまでは株価が下がらないということになります。

 

日経平均は10月上旬から3ヶ月も経たないうちに4,000円以上下落した形ですが、それでもPBRは1.04倍。1.0倍程度まで株価がさらに下落する余地があるともいえます。

 

19年の前半は、米中貿易交渉の期限が3月1日に設定されていることに加えて、日米物品貿易協定(TAG)協議開始、Brexit(3月29日にイギリスがEUから離脱の不透明感も強い。

 

さらに米国では政府機関の一部閉鎖問題が燻り、トランプ大統領のロシア・ゲート疑惑に関する捜査が最終段階にあることも気掛かりに。不安要素ばかりですね。

 

中でも重要なのは米中貿易戦争ですが、単に「米国の貿易赤字削減」という話ではなく、軍事利用可能なハイテク分野の覇権争いなので、両国とも一歩も引けない。今朝、「米国のマティス国防長官が来年2月末に辞任する」という速報が飛び込んできたことも市場を不安にさせています。

 

予断を許さない状況であることは間違いなく、重要イベント前後では市場心理が過敏になり株価は乱高下しやすい。

 

2万円割れとなった場合はPBR1.0倍相当の1万9,000円程度が当面の下値メドとなりそう。

 

米中関係が更に悪化したり、世界景気の減速を市場がより強く警戒した場合は、次の下値メドとしてPBR0.9倍相当の1万7,000円程度が意識されます。とはいえ、業績はとてもいいのも間違いではないので長い目で見たら上がっていきそうですね。証券兄さんは来年あたりにコツコツと買いだめしようと思います。

 

あくまでご参考までに。 今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ

にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。