【いまどきの投資はAI】 プロも活用!ロボアドバイザーを利用したAI資産運用とは?

こんにちは!証券兄さんです。

人工知能が個人に変わり投資をおこなう時代が既に訪れています。

2017年現在、ロボアドバイザーと呼ばれるAI技術を活用した投資補助ツールが多く活躍しています。今回はプロも使うロボアドバイザーについてまとめていきたいと思います。

 

 

ロボアドバイザーとは?

 

ロボアド(ロボットアドバイザー)というのは金融とITの融合であるFintech(フィンテック)における一分野といわれている金融サービスです

ロボット(システム・プログラム・AI)による金融的なアドバイスを行ってくれるサービスです。

 

金融とITはそもそも非常に相性が良いいわれている分野ですが、ロボアドは資産運用のアドバイスをシステム(AI:人工知能)によって実施するという新しいサービスです。

たとえば、投資信託や株式などを購入するときに「分散投資」が重要ということは多くの方がご存知かと思います。

そんな分散投資は、それぞれの値動きが相反するような資産を組み合わせることで、全体のリターンは維持したままリスクだけを小さくするようなことが可能です。

つまり、ただしく分散投資をすればリターンは維持したままリスクだけを小さくすることが可能なのです。

 

こうした資産クラスの組み合わせのことをアセットアロケーション(資産配分)といいますが、これを一個人が分析して最善の手を考えるのは極めて難しいです。

証券兄さんも一時期取り組んでいましたが、数学的な知識が大学院レベルで必要になってきます。

 

最善の組み合わせを考えるには、各資産の値動きとそれぞれの相関関係をしらべ、リスクとリターンのバランスが取れた配分(有効フロンティア)を決定する必要があります。

ところがこれの計算は複雑すぎるのと、相場動向の変化などで、組み合わせが変化することもあるため、これを考えるのはかなり難しです。

 

こうした不可能なことをFintechによって可能にしようとするのがいわゆる「ロボアド(ロボットアドバイザー)」です。

 

 

主な国内企業提供ロボアド

 

WealthNavi(運営会社 ウェルスナビ) 

アクティブ型は投資対象外

預かり資産、ユーザー数が国内で最も多いとされているのが、WealthNaviになります。

投資対象には海外ETFを選んでいます。

主な特徴としては国際分散投資を基本とし、アクティブ型の商品を投資対象から外し、パッシブ型インデックスに連動するETFのみを投資対象にしていることです。

手数料も明確で資産の1%(3000万円以上の部分は0.5%)が運用管理手数料となります。

投資対象 海外ETF
最低投資金額 30万円
運用管理手数料 1%(3000万円以上の部分は0.5%)(税別)

 

THEO(お金のデザイン) 

過去9年シミュレーションは平均5%

徹底した分散投資でリスクの低減・収益の安定化を目指しているのがTHEOになります。

このロボアドは海外ETFを対象に投資を行ない、約40種類のETFを組み合わせることによって、世界86の国や地域の1万1000銘柄以上を投資対象としています。

投資はインデックス型ETFを基本とし、過去9年のシミュレーションによる年あたりの平均リターンは5.0%と世界の経済成長率に近いシミュレーション結果を出しています。

投資対象 海外ETF
最低投資金額 1万円
運用管理手数料 1%(3000万円以上の部分は0.5%)(税別)

 

MSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問) 

東証上場のETFに投資

投資対象を海外ETFではなく、東証上場ETFに限定しているのがMSV LIFEになります。

東証上場ETFの投資に限定することで、余分なコストの削減を図り、最低投資金額は1000円からとなっており、気軽に投資をスタートすることが可能です。

運用は流動性が高く、経費率や信託報酬率が低く、分散効果の高いETFを対象としており、レバレッジ型、インバース型等のリスクが高いETFは投資対象外となっています。

投資対象 東証上場ETF
最低投資金額 1000円
運用管理手数料 0.648%(税込)

クロエ(エイト証券) 

適宜リバランスをおこなう

エイト証券が提供しているロボアドで東証上場ETFに対して投資を行なうのがクロエです。

ETFを利用し、ポートフォリオは50カ国、37セクター、4324の株式・債券などで構成され分散投資がされ、市況に合わせて適宜リバランスが行われる事が特徴です。

投資対象 東証上場ETF
最低投資金額 1万円
運用管理手数料 0.88%(税別)

楽ラップ(楽天証券) 

ETFではなく投信を運用

楽天証券が提供する楽ラップでは、他社のロボアドがETFに投資するのに対し、投資信託に投資することが最大の特徴になります。

通常、投資信託に比べETFの方が売買手数料が安いと言われているが、楽ラップでは投資信託への投資であっても運用管理手数料が最大0.702%と低水準に抑えられています。

投資先の投資信託は国内外の株式・債権・REITになるので、普通に投信を運用するよりはお得かも。

投資対象 投資信託
最低投資金額 10万円
運用管理手数料 最大0.702%(税込)(固定報酬型)

ダイワファンドラップ オンライン(大和証券) 

大手対面証券では唯一

大手対面系証券会社で唯一の一任型ロボアドが大和ファンドラップ オンラインです。

他のロボアドに比べ最低投資金額が50万円からと少し高額となっています。

投資対象は大和証券がファンドラップの為に独自に設定した国内外の株式・債権・REITのインデックス型投資信託です。

投資対象 投資信託
最低投資金額 50万円
運用管理手数料 1.08%(税込)

 

投資や資産運用をすることは重要だとは思うけれども、日々の仕事が忙しい方などにとってこうしたロボアドのようなトレードツールは低コストで資産運用を効率的に行うことができるとても魅力的なツールです。

また、手数料も安くなるケースがあるので投資先を考える際にみてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。