【お金持ちの考え方】 もしも無人島に何かひとつ持っていくなら何を選ぶ?

こんにちは!証券兄さんです。

無人島にひとつ持っていくとしたらあなたはどう答えるでしょうか。無数の選択肢のなかで、回答者の根本的な価値観を試す問いです。「愛する人」と答える人もいれば、「現金」と答える人もいるでしょう。

そこで今回は、お金持ちだったらどのような回答をするのかについてまとめていきたいと思います。

 

大富豪は健康を選ぶ?

 

 世界に名だたる大富豪も長い下積みがあり、幾重にもおよぶトライ・アンド・エラーの歴史があり、いまの地位を築き上げました。つまり、大富豪になるまでに必要な「時間の担保」となるのが「健康」といえます。長い闘いのなかで精神的に、あるいは肉体的に一時的な病気になることはあれど、復活して今がある人も多いです。

 株式相場の大暴落があれど、選択したポートフォリオのリターンが低かれど、負けじと闘い続けたから、大富豪になったといえるのではないでしょうか。これは大富豪というようなスケールの大きな話ばかりではなく、「資産を築く」ということにも共通していえます。

 

 食生活に気をつけて、運動して、精神的な安寧の時間を可能な限り増やす、これに尽きます。決して秘伝の奥義がある話ではない。ただし、お金を貯めるには、身体的な良好状態を維持すればという話ではない。「健康」の上位概念にあたる「人的資本」の積み上げが資産形成に大きく寄与します。

 例えば、収入をあげるために仕事で成果を出すためには、積極的に情報を仕入れ、自分が当事者となって動いくとったアプローチが必要です。このときの「人脈」「時間」「メンタル(精神的な健康)」等々、さまざまな要素が求められます。(実際、運動などで肉体的に自己管理ができている人は、精神的にも安定している人が多い)

 人的資本にはスキルなどの要素も含まれる。たとえば30歳のときに有していたスキルが、40歳になってレベルを上げ、資産づくりに大きく寄与することがある。長期間にわたって築き上げた自己投資の成功例といえるでしょう。

 

 そんな、健康にこだわるうえでも最も重要視すべきもの、それは「平常心」です。短期的なことに心を奪われ過ぎない、それでいて市場や対象物の変化に視野を広げ、臨機応変に対応できること。「お金を貯める」ことと「健康」。一見するとそれほど親和性のない両者かもしれないが、片方がプラスになるともう片方も伸長する期待感がある。お金を貯めたい人はまず、健康にこだわってみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。