【iDeCoの現実】 iDeCoを実際に始めてみてよかった3つのポイントをまとめたよ!

こんにちは!証券兄さんです。

節税効果が高いことや老後資金を自分で準備できることが評価され、iDeCo(個人型確定拠出年金)を始める人も増えてきました。しかし、iDeCoを始めるにはまだ不安がたくさんあるという人も多いと思います。今回は、iDeCoを実際に始めた人の「iDeCoを始めてよかったこと」についてまとめていきたいと思います。

iDeCoを実際にやってよかったこと

 

 まずはiDeCoを始めてみてよかった、と感じることから見ていきましょう。iDeCoのポイントである節税効果や、iDeCoそのものの制度趣旨への共感がメインとなっています。

 

・やっぱり節税効果が高いのはいい!

 拠出時、運用時、受取時と3段階で非課税の恩恵を受けられる高い節税効果を評価する人が多いです。iDeCoは老後資金のために、将来のためにという目的で始めるものですが、同じ目的で預金をしていても非課税の恩恵は受けられません。預金の利息に対しては20.315%の税金がかかり、否が応でも税金を支払わなければならないですよね。そう考えると、老後の資金づくりを目的にしているのであればiDeCoで資産形成したほうがおトクであると言えます。

 

・将来のお金のことを考えるきっかけになる

 iDeCoという制度自体に対する評価というよりは、iDeCoへの加入を通じて老後のための資産形成と向き合うきっかけができたという意見もありました。毎日忙しくて、なかなか自分の老後資金のことまで考えられないという人も多いと思います。しかし、そんな中でiDeCoに加入するという1つのイベントを通じて、老後資金はどれくらいあったら足りるのだろうか、老後はどんな生活をしたいだろうか、どのくらい年金が受け取れるのだろうかということを調べて、知ることができるのであれば、非常に有意義ですね。

 

・自分で運用商品を選択できるのがいい

 公的年金とは違い、自分で運用できるところを評価する声も多く聞かれました。特に、投資に詳しい人や自分のお金を人に預けたくないという人は、自分で運用商品を選べるところにメリットを感じているようです。自分の大事なお金ですから自分で運用したいと思うの当然ですし、自分で選んだほうが納得感がありますよね。

 

 

 iDeCoのメリットばかり聞いていると素晴らしい制度だと思うかもしれませんが、その一方で非課税の恩恵を受けるため、私的年金という位置づけであるがために手続きが煩雑で時間がかかるというデメリットもあります。不安にはなると思いますが、少し気長に手続きが終わるのを待って、その間に運用商品の勉強をしてみるのはいかがでしょうか。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。