【陰に潜むリスク】米国株、最高値更新の裏側 ウォール街が警戒する2つの「C」とは?

 こんにちは!証券兄さんです。

 2018年の米株式市場は、楽観的なムードの中で堅調にスタートしました。

 しかしながら、ウォール街の市場関係者からは、2018年の「リスク要因」として年前半は中国(China)、年後半は中央銀行(Central Banks)と2つの「C」を注目する声が多く聞かれます。今回は、そんな二つの「C」についてまとめていきたいと思います。

 

中国景気の急減速を警戒

 

 2017年の中国経済は7年ぶりに成長が加速する見通しですが、2018年は減速に転じる可能性が高く、先行きへの警戒が強まっています。ロイターの調査によると、2018年の中国の成長率は6.4%まで落ち込む見通しだ。これは昨年11月にOECD(経済協力開発機構)が公表した「世界経済見通し」の6.6%を下回る水準です。

 具体的には、特に小売業が最も大きな打撃を受けており、売上高の低迷、雇用の鈍化、キャッシュフローの悪化に直面していることを懸念しています。また、10~12月期の企業借入が前期から減少し、銀行による「シャドーバンキング」も減少しています。加えて、自動車もこれまでの高水準な伸びが鈍化しており、衣料品やぜいたく品で在庫が急速に積み上がっていることを警戒しています。

 

 中国では政府主導で債務リスクの軽減に取り組んでおり、2017年に活況を呈した道路や橋、地下鉄建設は2018年に大きく減速する見通しです。

 ブルームバーグの調査によると、中国の2018年のインフラ向け固定資産投資は12%増と昨年1~10月累計の約20%増から鈍化する見通し。中国では珍しく一部の都市の地下鉄プロジェクトが止められたほか、プロジェクトの資金調達で幅広く使われてきた手法、PPP(官民パートナーシップ)に対する審査も厳しくなっているとのこと。

 また、モルガン・スタンレーのエコノミストは「中国はレバレッジ縮小や過剰生産能力の削減、汚染対策、不動産価格抑制の取り組みを強化している」と指摘。「このため、不動産やインフラ投資は鈍化し、中国経済は減速すると考えている」と述べています。

 中国景気の急減速は毎年のように指摘されますが、これまでのところ実現したことはありません。とはいえ、米中貿易戦争の動きもきな臭くなっており引き続き警戒するに越したことはないでしょう。

 

 

中央銀行はどう動く?

 

 ECBは昨年10月の理事会で資産購入プログラムの規模縮小を決定しました。昨年12月までの月600億ユーロから1月以降は300億ユーロへ減額します。12月の理事会後に公表された最新のECBスタッフによる経済見通しでは、2018年のGDP成長率は2.3%と前回9月の1.8%から大きく引き上げられており、予想通りとなった場合には、資産購入プログラムの延長は見送られる公算大となりそうです。

 

 日銀は12月20・21日に開かれた金融政策決定会合で現行の金融政策の枠組みを維持。「長短金利操作付き量的・質的緩和」政策を据え置き、長期国債の買い入れ額は年間80兆円を目処としています。ただし、昨年9月に金融調節を「量」から「質」へと事実上の変更をしており、足元での国債購入ペースは年60兆円を下回っている。また、12月現在のバランスシートの拡大は前年同月比で50兆円以下となっており、この1年は緩やかに減少しています

 黒田総裁は11月13日の講演で行き過ぎた低金利が金融仲介機能を阻害し緩和効果をそぐ「リバーサル・レート」に言及し、「リスクにも注意していきたい」と発言した。この発言が政策の見直しの布石として関心を集めたことから、12月会合後の記者会見では、わざわざ「リバーサル・レート」は「金利操作見直しとの意味ではない」と念を押している。とはいえ、日銀がマイナス金利の弊害を認識し、「出口論」を念頭に置いていることは周知の事実と言えます

 

 こうした状況を踏まえると、2018年10月のG3のバランスシートはFRBが月500億ドルの減額、ECBが変わらず、日銀が年50兆円以下のペースで拡大となり、ネットでは若干のマイナスとなることが予想されます

 

 

あくまで、ウォール街で大きく取り上げられている分析なので過信しないでください。

ただ、中央銀行の動きに気を付けておかないと、米国株式への影響をすばやく察知できないと思っています。

 

中国は、10年前から景気減速と言われていますがまだまだ伸びると証券兄さんは思っています。(あくまで個人的に)

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。