【仮想通貨】世界のお金持ちは仮想通貨をどう思っているのか

こんにちは!証券兄さんです。

2018年始めにかけてビットコイン、イーサリウム、リップル、ネムなど様々な仮想通貨の価格が大きく上昇しました。今回はそうしてデジタル資産(アセット)を世界のお金持ちがどのように見ているのかについてまとめていきたいと思います。

 

「お金持ち」の仮想通貨に対する興味

 

ビットコインはデジタルゴールドともいわれ、過去大きく値上がりしてきたことから、その資産性や決済機能にも注目が集まっています。その一方で、ビットコインはブロックチェーン技術を活用してデジタル空間に存在しているため、法定通貨の紙幣や硬貨と違い、手に取って確かめることはできません。したがって、年齢層が高い「お金持ち」からみると「ビットコイン?よくわからないなぁ」というのが実際なのではないでしょうか。

 今回は「HNWI」と呼ばれる世界の「お金持ち」にフランスのコンサルティング会社であるキャップジェミニが実施した調査結果である「World Welth Report 2018」を参考にしながら、世界のお金持ちが仮想通貨に対してどのようなスタンスなのかについてまとめていきます。

ちなみに、キャップジェミニは同調査の中で「1百万米ドル(約1億円)以上の投資資産を保有」する人たちのことをHNWI(High Net Worth Individual、ハイ・ネット・ワース・インディビジュアル)と呼んでいます。いわゆる「富裕層」といってよいかもしれません。

 

「World Welth Report 2018」の調査によれば、世界で見ると、仮想通貨に対して興味のレベルが高い(High Interest Levels)としたのが29%、興味のレベルは低い(Low Interest Levels)としたのが44%、そのどちらでもない(On The Fence)のが27%としています。

また、日本で見れば興味のレベルが高いのは15%、興味のレベルが低いのが 51%、そのどちらでもないのが34%となっており、仮想通貨取引が盛んな日本でありながら世界のHNWIと比べて興味のレベルが低い層が大きく見えます。もっとも他の先進国地域でも日本の状況とあまり変わりがなく、欧州や北米も仮想通貨に対してはやや冷めた目で見る人が多いという結果になっています。

その一方で、ラテンアメリカやアジア・パシフィック(日本除く)では興味を持っている人たちが多く、新興国などのHNWIに好かれる仮想通貨という格好になっています。

つまるところ、昔ながらのお金持ちはあまり興味がなくて比較的新しいお金持ちの方が興味を持っています。言い方は悪いですが、昔ながらのお金持ちからすると大した投資対象ではないということではないでしょうか。投資をする上で注意が必要そうですね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。