【ビリオネア数は世界3位】インドの大富豪に広がっている運用方法ってなに?

こんにちは!証券兄さんです。

中国、米国に次ぐ「世界で3番目にビリオネア(資産10億USドル以上)が多い国」となったインド。現地で人気の安全資産が、ゴールドや不動産から、株や投資信託、短期証券、現金へと移行しつつあることが分かりました。

今回は、インドの大富豪に広がっている運用方法にどのようなものがあるのかについてまとめていきたいと思います。

ビリオネアがGDPの約半分を所有するインド

 

中国の大富豪ランキング「Hurun Report(胡潤百富)」の2018年版では、インドのビリオネアが31人増えて合計131人 に。インド生まれのビリオネアを含むと、合計170人に達する。医薬品分野の事業主(19人)や、自動車および構成部品(14人)が多いです。首位の中国(819人)、2位の米国(571人)と比較すると小規模ではあるものの、過去1年間の増加数では210人増えた中国に次ぐ急成長を遂げています。

 これらのビリオネアの平均年齢は64歳。インドのGDPのおよそ半分(49%)に値する、4540億USドルを所有しています。ビリオネアに人気の都市はムンバイ(55人)、ニューデリー(29人)だが、31人がアラブ首長国連邦や英国、米国などに移住しています。

 

 インドで成長中なのはビリオネアだけではありません。2018年1月にNew World Wealthが発表したランキングでは、政府資金を除く2017年のインドの総資産は8.2兆USドル(前年比25%増)。世界で6番目に経済的に豊かな国に選ばれています。資産の成長率は先進国・新興国中最も高く、2007〜2017年の10年間では160%増という驚異的な成長率を記録しました。こうした急成長は富裕層の増加に起因するもので、ミリオネア(資産100万USドル以上)は33万人を上回っています。 

 インドにおける富裕層増加の要因のひとつとして、資産市場バブルが挙げられています。不動産や株価の上昇が、これらの資産を既に所有していた富裕層の資産を押しあげると同時に、新たな富裕層を生み出しました。

 

 そんな中、インドの消費者の資産配分や投資法 に変化がみられます。

 クレディスイスがインドの消費者2814人を対象に実施した最新調査によると、これまで主要だった銀行口座(被調査者の7割が保有)・保険(5割)・不動産(1割)・ゴールドおよび宝石(2割)が2016年から2017年にかけて減少傾向にあるのに対し、株(1割)・投資信託(1割)・現金(5割)・短期証券(0.5割)で資産を保有する消費者が目立って増えているとのこと

 所得に関する楽観的な展望は月収5万ルピー(約8.1万円)以上の高所得層に強くみられ、24%が「今後半年以内に所得が10%以上増える」と期待している。5万ルピー以下の層で同じ回答をしたのは10%でした。資産配分の変化と、インドの貧富格差や富裕層を取り巻く環境の関連性は確認されていませんが、「全く何の影響もない」とは言い切れないのではないでしょうか。ただでさえ、世界への影響が大きいインドですが、経済的にも要注目です。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。