【投資テクニック】初心者が「10倍株(テンハガー)」を見つける方法とは?

こんにちは!証券兄さんです。

株式投資をはじめたばかりの初心者がいきなり将来株価が10倍になる銘柄に出会えるものなのでしょうか。もし、そんな夢のような話があるとするのであれば、眉唾(まゆつば)かと思う人も出てくるでしょう。今回は、そうした10倍株に出会うために楽してお得な方法をまとめていきたいと思います。

 

10倍株を簡単に見出す方法

 

ピーター・リンチはフィデリティで運用される投資信託(ミューチュアル・ファンド)のファンドマネージャーでした。ピーター・リンチはすでに運用の現場からは退いていますが、フィデリティのファンドマネージャーがどういった銘柄に投資をしているのかを知ることができたらどんなに銘柄発掘が楽になるのでしょうか。実は、ファンドマネージャーの運用内容や保有銘柄を知る方法があります。それは、各ファンドが定期的に公開している「運用報告書」を見ることでどのような銘柄に投資をしているかを知ることができます

通常は、ポートフォリオの上位10銘柄(トップ10銘柄)を公開しています。週報、月報なども期間ごとに開示される内容も異なり、公開されるまでに時差があるものの、多少のタイムラグはありますが、個人投資家でもその投資内容を知ることができます。

 

大型株ファンドですと、大手自動車メーカーやメガバンク、通信会社など、おおよお簡単に10倍になる銘柄が含まれていないようなトップ10銘柄が並びます。これは、通常はTOPIXをベンチマークとして運用しているために、ファンドマネージャーはベンチマークの構成比率が高い銘柄を組み入れないといけないために、仕方がないことといえます。一方、時価総額の比較的小さい銘柄で構成されている小型株ファンドの投資信託については、ベンチマークなども設定されていないこともあり(それはそれで問題なのですが)、ファンドマネージャーが自信を持った銘柄がトップ10を占めることがあります。

そうした銘柄にはその後10倍になる銘柄も少なくありません。運用会社で四六時中良い銘柄を探し求めているプロ投資家でありますから、個人投資家よりも情報のアドバンテージもあるでしょうし、そもそも調査にかけている時間が違います。

では、小型株ファンドのベンチマークについて考えてみましょう。小型株ファンドのベンチマークはそもそもが時価総額が小さい銘柄、また多くの銘柄数で構成されます。したがって、大型ファンドのベンチマークとは異なり、ポートフォリオ構成銘柄のトップ10における各銘柄の構成比率は小さくなります。これはどのような意味を持つかというと、運用者にとって上位の銘柄も将来好調なパフォーマンスが期待できないと思えば、一切ポートフォリオに入れる必要がないということを意味します。

こうしてみると個人投資家が株価が将来10倍も上がるような「10倍株」を見出そうとすれば、小型株ファンドに注目すべきだというのはご理解いただけるでしょうか。小型株ファンドの保有額上位10の銘柄は、運用者やアナリストが調査を重ねて、自信をもっている銘柄ばかりだということができます。

ピーター・リンチは運用会社でファンドマネージャーについていながら、株式投資をするにあたっては個人投資家であることのメリットを解いていました。特に、小売業など個人投資家でも日頃接することが多い業種は調査する優位性もあるとしていました。「運用報告書」である公開情報や自分での調査を加えて「10倍株」に出会えるといいですね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。