【高級品投資】富裕層が熱中!?ワイン以上に注目されている高リターン投資とは?

こんにちは!証券兄さんです。

スイスで毎年開催される世界最大級のアートイベント「アート・バーゼル」とUBSが共同作成した報告書によると、2017年はアート市場の規模が637億ドル(前年比12%増)に達し、そのうち42%を米国、21%を中国、20%が英国を占めていたそうです。

別の調査ではアートがワインや高級車に代わる、最も高リターンな投資であることも報告されています。そこで今回は、ワインに代わる高級品投資についてまとめていきたいと思います。

 

ワインや高級車をしのぐ投資対象

 

 英大手不動産コンサルティング企業ナイトフランクの調査によると 、2017年第4四半期、最もリターンが高かった高級品投資はアート作品だったといいます過去1年間のリターン率はなんと21%と、2番目にリターンの高かったワイン(11%)のほぼ2倍を記録しました。ワインに追い抜かされるまでは好調だった高級車は2%増、コインは4%へ落ち込みました。

 しかし過去10年のリターンを見てみると、アート作品が78%だったのに対し、高級車は334%、ワインは192%、コインは182%と圧倒的な強さを維持しています。

 

 時計は過去1年間で5%、10年間で69%、ジュエリーは4%、138%、切手は1%、103%と、目を見張るような勢いは感じられないものの、底堅い伸びを見せた。唯一落ち込んだのは家具で、過去10年でマイナス32%を記録しました。

 

 2017年のアート市場を完全復活の兆しと受けとるには、多少時期尚早との見方もあります。経済学者のクレア・マックアンドリュー氏 は、2017年の好調さを「大物芸術家の作品とトップ・ディーラーに後押しされたもの」と分析しています。

 ディーラーを通した総体的な売上は337億ドルと4年連続で伸びているが、年間収益100〜5000万ドルのディーラーが最も売上高を伸ばしたのに対し、100万ドル以下のディーラーの一部、あるいは25万ドル以下のディーラーの売上高は減っています。明暗がはっきりと分かれる両極端な結果から、アート市場全体が好景気に傾いているわけではないとも判断できます。 

 

 芸術品は多くの富裕層にとって、リスクの高い投資でもあります。少しでもリスクを減らすために、「大物芸術家の作品を買っておけば間違いない」という安心感から、大物芸術家の作品に人気が集中しているのかもしれません。

 ですが、富裕層にとってアートは単なる投資対象なのかというと、そうでもないようなのです。富裕層にアンケートを実施したところ、アートに投資する最大の理由として「美的」「情熱」「芸術家への支援」を挙げる投資家が多かったとのこと。「リターンを期待して」と答えた投資家は3分の1だったという。また一度落札した作品を転売する投資家は、わずか14%しかいないという結果でした。

 富裕層にとってアートは投資対象としての存在以上に、「美しいと感じるものを常にそばに置いておきたい」という強い考えの表れなのかもしれません。でも庶民からすると、元々興味があって、投資対象としてもいいかもと探すのはアリかもしれませんね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。