【ゼネラルエレクトリックがピンチ】投資の神様バフェットにも見捨てられたGEの今後

こんにちは!証券兄さんです。

創業126周年の米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、かの発明家トーマス・エジソンが設立したエジソン電気照明会社の流れを汲む、名門の複合企業です。

米ニューヨーク株式市場の最高優良株を集めた30種のダウ平均銘柄に110年以上君臨し、景気後退の時でさえ投資家の期待を裏切らないパフォーマンスで知られる、安定安全の企業でした。今回はそんなゼネラル・エレクトリック(GE)がおかれている現状についてまとめていきたいと思います。

 

「名門GE」の危機

 

 GEが今、苦境に陥っています。経営の神様のように崇められたジャック・ウェルチ元最高経営責任者(CEO)の下で拡大した金融・保険事業が大幅赤字になっているほか、ウェルチ氏の後任であるジェフ・イメルト前CEOが資産悪化を糊塗するため次々と仕掛けた大型買収で組織が過度に複雑化したツケが、一気に回ってきているからです。GE株は過去1年間に50%も株価を下げています。

 こうしたなか、前任者たちの失敗の尻ぬぐいを強いられているジョン・フラナリーCEOが、注目を浴びている。2017年8月に就任したフラナリー氏は、GEを立て直すことができるのか。それとも、伝統と栄光の歴史は二度と取り戻せないのでしょうか。

 

 フラナリーCEOは就任以来、常に投資家やメディアから疑いの目を向けられています。次々と悪い発表が相次ぐためです。主力の一つである電力事業は火力発電向け発電機の需要が冴えず、2017年通期の部門利益は前年比45%減で、市場を失望させまし。さらに悪いことに、主に医療費高騰や長寿命などで、保険事業での保険金支払いが当初の想定を大幅に超過し、連結ベースでの損益が98億2600万ドル(約1兆700億円)の赤字に膨らんだのです。

 これに加えて、61万9000人を超えるGE社員の310億ドル(約3兆3900億円)という年金積み立て不足も発覚しました。元社員の寿命が想定以上に延びるなか、GEの負担増は悪化するばかりです。次々と発覚する、エリート企業らしからぬニュース。叩けば、まだまだホコリが出そうであるため、投資家たちは将来が見通せないGE株を敬遠しています。

 

 加えて、110年以上にわたり「エリート優良株クラブ」の30社からなるダウ工業株30種平均(一般にはダウ平均として知られる)の構成銘柄であったGEをリストから除外するよう求める声が高まっています。ベル電話会社を源流に持つ名門AT&Tが2014年3月にこのエリートクラブから追い出されて、代わりにテクノロジー界のトップランナーであるアップルが加入したことは記憶に新しい。GEが放逐される日も近いかも知れません。

 2008年のリーマンショックに端を発する金融危機時に、経営難に陥ったGEに30億ドルの融資を行って助けてくれた「投資の神様」こと、米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイを率いるウォーレン・バフェット氏にさえ、とうの昔に見捨てられています。バークシャー・ハサウェイは2017年3月末時点でGE株を約1058万株保有していましたが、同年4~6月期の見切り売りで保有していたGE株をすべて売却しています。

 

 正直、立て直しはキツイんじゃないかなと思う証券兄さんでした。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。