【2月米雇用統計】雇用増加数は前月、市場予想をともに大幅に上回る結果に!

こんにちは!証券兄さんです。

3月9日、米国労働省(BLS)は2月の雇用統計を公表しました。結果は、雇用増加数は前月、市場予想をともに大幅に上回る結果になりました。

今回は、市場に大きく影響する2月の雇用統計についてまとめていきたいと思います。

 

市場予想を大幅に上回る結果に!

 3月9日、米国労働省(BLS)は2月の雇用統計を公表しました。非農業部門雇用者数は、前月対比で+31.3万人の増加(前月改定値:+23.9万人)となり、+20.0万人から上方修正された前月改定値からさらに伸びが加速、市場予想の+20.5万人を大幅に上回りました。

 失業率は4.1%(前月:4.1%、市場予想:4.0%)と市場予想を上回り、5ヵ月連続で横這いとなりました。一方、労働参加率は63.0%(前月:62.7%、市場予想:62.7%)と前月、市場予想を上回り、こちらは5ヵ月ぶりの改善となりました。

 

 2月の非農業部門雇用者数が16年7月(+32.5万人)以来の大幅な増加となった結果、18年の月間平均増加ペースは27.6万人増となり、17年10-12月期の22.1万人増、17年通年の18.2万人増を上回るペースとなりました。このため、雇用増加期間が長期化しているにも拘らず、依然として雇用増加ペースは強いと言えます。

 家計調査は、失業率こそ5ヵ月連続で同水準に留まり回復が足踏みしているものの、労働参加率が就業者数の大幅な増加を背景に5ヵ月ぶりに増加に転じており、労働需給の改善基調が持続していることを示しました。

 一方で、1月に予想を上回る伸びを示したことから、注目された2月の時間当たり賃金(全雇用者ベース)は、前月比+0.1%(前月値:+0.3%、市場予想:+0.2%)と前月を下回ったほか、市場予想も下回った。さらに、前年同月比も+2.6%(前月改定値:+2.8%、市場予想:+2.8%)と、+2.9%から下方修正された前月改定値、市場予想を下回りました。このため、賃金上昇率は堅調であるものの、加速する兆候はみられない結果となりました

 

 このようにみると、2月の雇用統計は力強い雇用増加に加え、家計調査でも労働参加率が改善したものの、賃金上昇率の加速はみられなかったことから、米国ではインフレ率が加速することなく、緩やかに景気が回復する「適温経済」が持続してことを示す結果と言えます。

 

まとめると、

雇用状況◎、賃金上昇〇、失業率△(横ばい)という結果で、とってもポジティブ。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。