【明治時代の功績】日本銀行の設立には西郷隆盛が関係していたってホント ?

こんにちは!証券兄さんです。

 2018年の大河ドラマは、明治維新で活躍した西郷隆盛が主人公だ。そんな西郷隆盛と日本銀行には、実は関連があることをご存知でしょうか。

 西郷隆盛が指導した西南戦争によるインフレーション (インフレ) が日本銀行の設立に関わっているからです。明治初期の通貨制度と日本銀行が誕生するまでについてまとめていきたいと思います。

 

設立の影に偉人あり

 

中央銀行 (日本銀行) の設立は、1882年 (明治15年) です。それまで、日本ではどのような通貨制度だったのかを簡単に説明します。

 明治政府が始まったころ、政府には通貨制度を整備するゆとりがありませんでした。民衆は以前から使っていた金銀銭貨や藩札をそのまま使い、政府も「太政官札」や「民部省札」と呼ばれる不換紙幣を発行していました。不換紙幣とは、金や銀との交換 (兌換) が前提とされていた兌換紙幣と異なり、発行体の信用を基礎にした紙幣のことです。そのため、紙幣を生産するのに兌換紙幣ほどの費用がかかりません。

 政府は、1871年 (同4年) に通貨制度の統一を目指して新貨条例を制定しました。金を貨幣価値の裏付けとする「金本位制」を採用し、単位も両から円になり、十進法になりました。実際には、外国との貿易のために銀貨を使っていたので、金銀複本位制であったとも言えます。

 1882年 (同15年) に日本の中央銀行である日本銀行が設立されます。1885年 (同18年) には、銀の兌換紙幣として日本銀行券が発行されました。この時期の日本銀行券は、今のような不換貨幣ではなく、銀貨と引き換えできる券だった。その後、1899年 (同32年) に国立銀行紙幣と政府紙幣は使えなくなり、日本の紙幣は、日本銀行券に統一されました。

 

 日本銀行の設立と西郷隆盛の間に関係が生まれたきっかけは1877年 (同10年) に起こった西南戦争です。上記の通り1877年は、国立銀行条例によって全国に多くの国立銀行ができ、それぞれが不換紙幣を発行し始めた時期でした。

 財政的基盤がしっかりと固まっていなかった政府は、西南戦争の費用を調達するために、大量の不換政府紙幣や不換国立銀行紙幣を発行し続けました。前述のように、不換紙幣であれば紙幣の裏付けとなる金や銀を用意する必要がなく、増刷が容易だからです。

 しかし、一般的に紙幣増刷にはお金の価値が相対的に低下するインフレが伴います。さらに財政的基盤のない政府が発行する政府紙幣、乱立する国立銀行が発行する国立銀行紙幣ともに強固な信用力があったとは言い難く、激しいインフレが発生しました。このインフレを解消するため、1881年 (同14年) に大蔵卿の松方正義がデフレ誘導の財政政策、いわゆる「松方デフレ (松方財政) 」を行いました。

 松方デフレでは、緊縮財政を行うと共に、不換紙幣の回収・整理に着手した。銀行券 (お金) は多数の発行体から発行されるより、一元的な管理によって通貨価値の安定を図るべきだと再認識されたのです。それによって、日本銀行が生まれ、日本銀行が一元管理する日本銀行券が誕生しました。

 

 このように振り返ってみると、日本の通貨の近代化と中央銀行 (日本銀行) の設立が、西郷隆盛や西南戦争と関係しており、今は普通になっている通貨制度の基礎が明治時代にできたことが分かります。日本人にとって馴染みのある歴史上の偉人と、意外なものの設立が関連していることもあるので小ネタ程度に調べてみてください。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。