【老後対策】老後不安を解消する方法とは?資産運用「きほんのき」

こんにちは!証券兄さんです。

今、老後に対して不安を感じている人が増えています。2017年3月、保険大手のアクサ生命が実施した「将来のお金に関する意識調査」によると、全体の約8割の人が、将来について「不安に感じている」「やや不安に感じている」と回答しているのです。

今回は、老後不安を解消する資産運用の基本についてまとめていきたいと思います。

 

自己責任社会における「資産運用」

 

 将来的な人口減少および少子高齢化の進展について考えただけでも、日本の将来は前途多難といえるでしょう。厚生労働省の調査によると、2060年には総人口が9,000万人を割り込み、高齢者の割合が40%ほどになると推計されています

 前述の結果は、少ない働き手が多くの高齢者を支えていかなければならないことを意味しています。特に日本の公的年金は、現役世代が高齢者の年金給付を負担する「賦課方式」です。人口減少・少子高齢化により、制度そのものの存続も危ぶまれます。

 

人口減少・少子高齢化社会において不可欠なのは、自分で自分の資産を構築するスキルです。迫りくる自己責任社会を目前に控え、資産運用に欠かせない考え方について確認していきましょう。

 

①自分のお金は自分で管理する

 前提として、これからは「自分のお金は自分で管理する」という認識が重要になります。他人任せにしていては、いつまでたっても自らの資産を構築するスキルは身につきません。まずは、お金の管理に意識を向けることからはじめましょう。

②お金を増やすための王道を検討する

 次に、お金を増やす方策を検討します。王道としては、「副業をする」「投資をする」「節税をする」という大きな3つの方法があげられます。副業と投資は「収入(入り口)を増やす」こと、節税は「支出(出口)を減らす」ことです。

③お金の勉強は「人生の勉強」

 そして最も大切なのは、資産運用を通して、お金についてきちんと学ぶ習慣を身につけることです。特に将来の不安が広がる日本において、お金の勉強は「人生の勉強」そのものといえます。いち早く学びはじめた人ほど、金融リテラシーを高められます。

 

 不安の広がる将来を前にして、ただ心配しているだけでは何の解決にもなりません。これから先、起こるであろう問題から目を背けず、自らの身は自らで守るという意識を持ちましょう。今から準備しておけば、多くの問題に対処することも可能です。老後の不安を解消するために、早い段階から継続的な学びや経験を行ってください。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。