【新財富】中国の富豪ランキングから読み解く中国人のお金持ち像とは?

こんにちは!証券兄さんです。

中国の『新財富』(深セン市の新財富雑誌社発行)が5月上旬、中国500富豪ランキングを発表しました。10大視点として内容をまとめてあり、面白い読み物となっています。

中国の大金持ちの実態について今回は、まとめていきたいと思います。

 

10の視点から読み解く

 

1 トップ5はITと不動産

順位(前年順位) 資産額(億元)/氏名/会社名/主な業種/性別/年齢
5位(18位) 1620.1/楊惠妍/碧桂園/不動産/女 36
4位(1位) 1782.6/王健林・王思聡/万達集団/不動産/男 63・男 30
3位(21位)2285.1/許家印/恒大地産/不動産/男 60
2位(2位) 2602.6/馬雲/阿里巴巴/IT総合/男 54
1位(4位) 2794.4/馬化騰/騰訊/IT総合/男 47

きれいに不動産とITに分かれています。

 

2 トップ500の総資産は9兆5700億元。

 前年比で1兆7000億元増加し、10兆元に近付きつつあります。IT巨頭の株と、香港市場上場の不動産株暴騰が影響しました。

 

3 重量級の没落

 重量級富豪の没落も目立ちました。映像サイト「楽視網」を創業した賈躍亭はその典型です。2016年には資産640億元でトップ10にランキングされていましたが、現在は裁判所に持株を凍結され、法人代表の座も譲っています。

また著名な投資顧問会社「九鼎投資」の呉剛/呉強兄弟は、243億5000万元の資産を92億元に減らし、65位から300位以下にランクを落としました。

 

4 1000億元以上は10人

 資産が1000億元を超えたのは10人でした

今年初めて1000億元枠に入ったのは、自動車メーカー吉利汽車(GEELY)の創業者、李書福でした。

 

5 バイドゥ/百度の李彦宏らトップ10から転落

 IT大手「百度」創業者の李彦宏は、600億元から851億元と1.4倍に増やしたにもかかわらず、10位から13位に転落してしまいました。

同じく食品大手「蛙哈哈」集団の創業者、宗慶后も、7位から26位に沈んだ結果となりました。

 

6 北京と上海が増加

トップ500を地域別に見てみましょう。

2018年人数/資産合計/平均資産、2017年人数/資産合計/平均資産
広東 113人/2兆8610億元/253.2億元/114人/2兆0487億元/179.7億元
北京 87人/1兆7546億元/201.7億元/84人/1兆5400億元/183.3億元
上海 61人/1兆845億元/177.8億元/58人/9324億元/160.8億元

北京、上海が3人ずつ増やし、広東省は1人減らした結果でした。

 

7 吉林省から初のトップ500入り

 昨年まで、吉林省は唯一トップ500富豪を一人も出していませんでした。今年初めて、吉林永大集団董事長、呂永祥がランクインを果たしました。同社の設立は1993年、電気関連設備のメーカーです。

 

8 最年少のOFO創業者は90后

 最年少は、シェアサイクル「ofo」の創業者、戴威でした。2013年北京大学を卒業、14年にofoを創業しました。資産は70億2000万元で、451位にランクインしています。

 

9 女性トップは碧桂園の楊惠妍

 碧桂園の株価は、昨年1年間、香港市場で252%も暴騰しました。彼女の資産も膨張し1640億元に達しました。昨年の女性首位、藍思科技公司の周群飛は648億元にとどまり、1000億元近い差を付けました。

 

10 全体では小幅減少

 富豪500人のうち20%は、資産を大きく伸ばしました。しかし全体では小幅に下降しています。これに伴いトップ500ランキングの最後尾も、昨年の66億1000万元から、64億元へ下降しました。

 

トップ10以下でも、浮き沈み沈みは非常に激しい。前年242位から12位まで上昇したIT企業「奇虎360」周鴻褘などである。富豪の浮沈は中国経済のダイナミックさを表している。日米以上に、厳しい資本主義社会なのかもしれませんね。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。