【最高の投資家】一流のファンドマネージャーはなぜ缶コーヒーを飲まないのか?

こんにちは!証券兄さんです。

下手をすれば何億円もの給料を稼ぎ、一挙手一投足が華麗に見えるファンドマネージャーも、運用成績が伴わなくなれば首になってしまいます。

そんなファンドマネージャーが「缶コーヒーを飲まない」というのはどういうことでしょうか。投資の考え方にもつながるファンドマネージャーの一面について書いていきたいと思います。

“【最高の投資家】一流のファンドマネージャーはなぜ缶コーヒーを飲まないのか?” の続きを読む

【もしかしたら億万長者】 10年前に買っていたら億万長者だった銘柄とは

こんにちは!証券兄さんです。

最近では株価が10倍、20倍になる絶好調の企業も散見されているようですね。市場全体が調子づいているいまだからこそ、そんな「お宝となる株」の芽を探したいところです。

そこで10年程度前に買っていたら大化けしていた株を今回はまとめていきたいと思います。

“【もしかしたら億万長者】 10年前に買っていたら億万長者だった銘柄とは” の続きを読む

【中国の暗黙の保証】中国が抱える1690兆円問題とはなんなのか?中国バブル終了か

こんにちは!証券兄さんです。

 中国での「暗黙の保証」と呼ばれているものがあります。調べてみると日本のバブルを思い出すものがありました。

 今回このことに関するニュースがありましたので、まとめていきたいと思います。

“【中国の暗黙の保証】中国が抱える1690兆円問題とはなんなのか?中国バブル終了か” の続きを読む

【失われた20年】 日本一の証券会社、山一証券が潰れたバブルの裏側とは

こんにちは!証券兄さんです。

バブル退治のために平成元年(1989年)末、矢継ぎ早に打たれたさまざまな施策は、いずれも効果は大きかったものの、“やり過ぎた”側面も大きいものでした。

後に「失われた10年(20年)」と呼ばれる大不況につながっていった、平成元年末の国の方針転換を改めて振り返ってまとめていきたいと思います。

“【失われた20年】 日本一の証券会社、山一証券が潰れたバブルの裏側とは” の続きを読む

【この国では死ねない】 相続税に外国人は不満、企業誘致の足かせになっている相続税の高さ

こんにちは!証券兄さんです。

日本の相続税の高さは世界でも有名で、外国人が移住したくない理由としてよく挙げられるものです。

今回は、海外から資産運用会社誘致を計画する都の会合についてまとめていきたいと思います。

“【この国では死ねない】 相続税に外国人は不満、企業誘致の足かせになっている相続税の高さ” の続きを読む