米国ダウでしょう 11/15 税制改革法案の不透明感であまり上がらない展開に

こんにちは!証券兄さんです。

今週の米国株式市場は、上院共和党が発表した税制改革法案が下院共和党のそれと重要な相違点があることが判明、すり合わせに時間がかかるのではとの懸念があります。

今回も、証券兄さん注目の米国株銘柄と米国株市場についてまとめていきたいと思います。

 

先週の米国株式市場を振り返る

 

先週の米国株式市場は、11/9(木)に発表された上院共和党の税制改革法案では、法人税率の引き下げは2018年でなく2019年からとしたことなど重要な相違点があることが判明し、両院案のすり合わせに時間がかかる可能性が嫌気され、下落に転じました。

証券兄さんも期待が大きかっただけに少し残念です。

S&P500指数は週間で0.2%の下落となり、週間の連騰記録は8週で途切れました。

 

業種指数騰落率では、原油価格が高水準を維持したことから「エネルギー」が上昇、また、全般相場が上昇一服となったことからディフェンシブな「生活必需品」「公益事業」も上昇しました。

長期金利が上昇する中での「金融」の下落は、FRB議長人事でテイラー氏への期待が高かった結果です。

過去1ヵ月、3ヵ月では、分野別では「情報技術」の好調が目立ちます。

7-9月期決算は、11/10(金)時点でS&P500指数採用企業の457社が発表済みで、売上高は前年同期比5.5%増、EPSは同7.1%増、市場予想に対してそれぞれ0.8%、4.6%上回って堅調です。

先週発表の経済指標では、

・ユーロ圏の9月小売売上高が前年比3.7%増(市場予想は同2.7%増)と欧州経済の好調を確認しました。

・中国の10月貿易統計では輸出が前年比6.1%増(予想は同7.0%増)、輸入が同15.9%増(予想は同17.5%増)と予想を下回りました。

・11月のミシガン大学消費者マインドは97.8(予想は100.9)と10月の100.7から低下した結果となりました。

 

 

今週の米国株式市場の注目ポイント

 

今週の米国株式市場は、上下両院の税制改革法案のすり合わせに関する議論に加え、日欧の7-9月期実質GDP、米国の小売売上高などの経済指標が注目材料となりそうです。

ここまで税制改革案については、かなり楽観的に織り込んで上昇してきたと考えられるため、若干の下値リスクがあります。

ただ、米国経済の堅調、世界同時景気回復、好調な企業業績を考慮すれば大幅な値下がりは避けられるとみられます。

リスク要因として、サウジアラビアの政情から、地政学リスクが高まる可能性やムハンマド皇太子が没収した8,000億ドルとされる資産が売却される可能性が警戒されています。

税制改革法案を巡る株価へのインパクトは、以下のように整理できます。
(1)両院の法案には重要な相違点があるため、成立までに時間がかかる可能性 → ネガティブ

(2)法人税減税が19年にずれ込むとPERの割高感の解消が遅れる可能性 → ネガティブ
(ただし、「ディスカウントキャッシュフロー(DCF)」による評価では差異は小さい)

(3)両院案とも法人税率が20%で揃い、減税の実現性は高まった可能性 → ポジティブ

(2)については、18年12月期の予想EPSは146.64ポイントで、法人税減税がない場合の予想はPERは17.6倍、法人税減税が18年からと決まって仮にEPSが7%上方修正される場合の予想PERは16.5倍、の違いが生じる計算となります。

16.5倍ならまだここから買い上げても大丈夫そうだ、一方、17.6倍ならば現時点で買い上げるのは止めておこうという判断になりやすいでしょう。

 

今週の主要な経済指標としては、

 

・11/15(水):日本の7-9月期実質GDP(前期比年率1.5%増の予想)、米国の10月小売売上高(前月比0.0%増の予想)

・11/16(木):米国の10月鉱工業生産(前月比0.5%増の予想)

・11/17(金):米国の10月住宅着工件数(前月比5.6%増の予想)、許可件数(前月比2.0%増の予想)

の発表があります。

 

 

証券兄さんの注目銘柄

 

エヌビディア(NVDA)

 

株価:212.63 USD 2017/11/14

PER:69.04

PBR:21.48

配当利回り:0.28%

 

チャート画像

参照:yahooファイナンス

 

増勢が落ちていたデータセンター向けの売上が8-10月期には前四半期比20%増に盛り返し、5-7月期は新製品投入を控えた買い控えが起きていたことが確認されました。

また、ゲーム向けのGPUは、「GeForce」の新製品投入とゲーム市場のタイトル充実から11-1月期も堅調との見通しが示唆され、安心感が広がっているようです。

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。