【IT企業の銀行参戦!】Google銀行、Amazon銀行は本当に誕生するのか?

こんにちは!証券兄さんです。

AmazonやGoogle、Facebookなど国際IT企業の金融市場参入が加速する中、「Google銀行」や「Amazon銀行」誕生の可能性について議論が持ち上がっています。

2017年11月の欧米メディアの報道によると、米国の金融監督官が「銀行とIT企業の合併」について柔軟な見解を見せ始めているという。現時点では非銀行機関が許可なく銀行業務を行うことは規制によって堅く禁じられているが、規制緩和が実施された場合、国際IT銀行が誕生してもおかしくはない状況です。今回はそんな国際IT銀行についてまとめていきたいと思います。

「銀行にとっての脅威」

 

 2017年8月、世界経済フォーラム(WEF)はFinTechの展望を予想する報告書の中で、大手IT企業が銀行にとって脅威となり得る可能性を指摘しました。AI(人工知能)やビッグデータ、クラウドなど最先端の技術を武器に、金融産業の構造を大きく揺るがすというのです。

 

 すでにこれらの企業は、長年にわたりマスターカードやVISAが支配してきた決済市場を着実に変え始めています。例えばAmazonとFacebook、ウォルマート・ストアーズ(Wal-Mart Stores)といった競合が提携して融資分野に乗りだした場合、いずれゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど国際大手銀行の存在を脅かす可能性もささやかれています。

 GoogleやAmazonの金融市場参入はどこまで加速するのか、Google銀行あるいはAmazon銀行は生まれるのかこんな疑問がわきでるのも当たり前ですね。

 正直、証券兄さんはサービス面やネットでの利便性などから

 

Google銀行・Amazon銀行をやってほしいです。

 

FinTech人材の発掘に熱心なAmazon

 

 GoogleとAmazonの2社に焦点を絞って比較した場合、Amazonの方が金融市場に対する意識が強い印象を受けます。

 

 意外と知られていない事実ですが、Amazonは自社のFinTech部門強化に向け、米国やインドで優秀な技術者を頻繁に募集しています。自社ウェブサイト上で現在(2017年12月21日)も募集中なのは、ソフトウェア開発エンジニア やリテールFinTechのプログラムマネージャー、 アプリケーション技術者 などなど。勤務地はシアトルやインド中南部のハイデラバードが中心です。ハイデラバードといえば宇宙開発やバイオテクノロジー関連の研究の中心地と言える場所であり、国際的にも高水準を誇る理工学系高等教育機関インド工科大学ハイデラバード校があることで知られるそうです。証券兄さんも今回調べて初めて知りました。

 

 募集の意図は「Amazon FinTech Paymentチーム強化」とされていますが、それと同時に自社の「爆発的な成長」には優秀なFinTech技術者が不可欠である点を強調しています。そうした視点から見ると、既存の領域を拡大あるいは関連性のあるFinTech領域へと枝分かれさす可能性も考えらますね。

 最強のFinTechチームを育てあげ、これまで培ってきた最先端の技術や経験を融合させることで、Amazonは、

 

ライバルには真似のできない最強の金融システムを築こうとしています。

 

 

あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。