30歳で年収1000万は成功者か否か

こんにちは!証券兄さんです。

以前投資か貯蓄で1000万円を目指す際の比較を行いました。ただ、職業によっては30歳で年収1000万円を達成する方々もいらっしゃいます。特に証券兄さんの前職ではそのような話が多かったので、当時の話も踏まえてまとめていきたいと思います。

 

夏のボーナスの季節ですね」。これまで頑張ってきたご褒美、金額はともかくとして、ボーナスをもらえるだけでも幸せという方も多いのではないでしょうか。証券兄さんもその一人です。

一方では、同じサラリーマンとは思えないくらい高い年収を若くして手にする人がいます。たとえば金融機関勤務の方などはその代表格でしょう。

 

もし「30歳手前なのにもう年収1,000万円」という独身男性が現れたとしたらどうでしょうか。「すごい! 彼氏にするならこういう人がいい!」という女性が出てきても不思議ではありません。特に合コンなどでは大手銀行・証券会社の強さはすごいものがありました。

今回は「金融機関勤務・30歳手前なのにもう年収1,000万円」という人がどれほど珍しい存在なのか、なぜ彼らがこのような高い年収をもらえるのか、そして彼らはこれからもその水準をキープできるのか、という点について考えてみたいと思います。

 

年収1,000万円超の人はサラリーマンの割合は?

 

 国税庁が2016年9月に発表した平成27年度分の「民間給与実態統計調査」によれば、1年を通じて勤務したサラリーマンの1人当たりの平均給与は420 万円(男性521万円、女性276万円)とされています。

では、サラリーマンの憧れでもある年収1,000万円。この水準以上に稼いでいる人はサラリーマンの中で果たしてどのくらいいるのでしょうか。

なんと、全体の約4%にすぎません。学校の規模感でたとえると、1クラスに50名の同級生がいたとして、その中のわずか2名程度ということになります。思ったよりも少なかったでしょうか、それとも思ったより多いという印象でしょうか。

 また、年収1,000万円もらっている人の年齢もバラバラです。この水準に到達するのは50歳前後ということも少なくないはずです。

その一方で、30歳手前、一般的にはまだまだ若手と呼ばれるような年代にも関わらず、年収1,000万円を稼ぐことができる不思議な産業があります。それが金融業界です。

金融機関勤務なら30歳で年収1,000万円!

 

 金融機関といっても銀行、証券、保険など様々な業態がありますが、一時期はもっとも早く年収1,000万円に到達するのは保険、たとえば生命保険や損害保険だといわれていました。

特に生命保険は契約者が長期にわたって保険料を支払うために、死亡率などを読み間違えなければ収入と支出を読みやすいということがあります。また、生命保険会社では不動産を多く保有する投資家でもあるために、社宅や寮などの福利厚生が手厚いことも多く、そうしたことも生活をより豊かに感じる要因でありました。

実際、これら金融機関に入社して5年も過ぎると、サラリーマンとして特に問題を抱えていなければ平社員から役職がつくなど昇進するわけですが、彼らの年収はこの時点ですでに1,000万円近いといいます。

 実際に証券兄さんが勤めていた会社でも入社5年目で、月の給料が42万円のボーナスが600万というものでした。今考えるとおかしな世界に居ました。

そもそも金融業とは

 では、若くしてそのような高年収になる金融業とはどのような業種なのでしょうか。まず注目すべきは、金融業はそもそもは「規制業種」だということです。規制業種であれば新規参入は限られることになり、非規制業種と比べればその分競争は緩いことになります。ライバルが少ない市場ということですね。

そのため金融業には外食産業や小売り産業のように競合企業が次々と現れるということは考えられません。したがって、金融業のプレーヤーは競合企業の具体的な戦略をイメージしながら事業を行うことができます。

 また、マクロの経営環境を大きく読み間違えたり、個別の貸出先、投資先での大きな損失がなければ利益を計上できるモデルといえます。

逆に金融機関で大きな損失を計上し続けるということになれば、信用不安が生じてしまいます。また、もしそんなことになれば、消費者の生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

金融機関を監督する側からすれば、金融機関には利益をしっかり出し、健全な経営をして欲しいという思いが背景になると考えるのは自然ではないでしょうか。

 ただ、これだけでは給料が高い理由が説明できません。なぜ給料が高いのかというと、これらの業種は費用のほとんどが人件費だからです。

  例えば、飲食業では料理の材料を仕入れて、それを加工する設備が必要で、提供する場所が必要になります。

 しかし、金融業界ではそのような手間がありません。もちろん情報の管理などありますが、一番必要になるのが営業になります。商品の良さよりもどれだけ売る人材を抱えているかというのが一番重要になります。

 そのため、これらの業種では給料が高いのですね。

台頭するFinTech。テクノロジーの進歩が職を奪う?

 

 こうして見てくると、規制業種であり稼げるビジネスモデルがうまく回っている限り、将来も安泰であるように思えます。しかし、それほど世の中は簡単ではありません。その影にあるのが急速に進むテクノロジーの進歩です

金融業界と最も関係性が深いのはFinTech(フィンテック)と呼ばれるテクノロジーです。FinTechの進歩により、今後は金融機関の業務も機械化、自動化、AI化が進んでいきます。もちろんこれによって人材が不要になるなどということはないでしょう。金融機関にとっても、顧客をしっかりと抱えており、投資機会の目利きができ、リスク管理ができる人材の付加価値は非常に高いといえます。

 ただし、このような環境の変化の中では、金融機関に勤務しているというだけで今後も高収入が得られるかは未知数です。正直なところ大幅な人員削減となるか、FinTechメインの企業が台頭してくると思います。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。金融機関に勤務する人が高収入である理由を探るとすれば、規制業種であり、必ずしも労働集約的要素を必要としないビジネスモデルだという点にヒントがありそうです。

また、ICT業界のようにある日突然新しい企業が新しい技術で自分たちの事業に参入してくるといったことがないのは、金融機関経営者にとっては「これまで」は良かったといえるのではないでしょうか。ただし先にも述べた通り、FinTechの進展は金融機関を取り巻く環境を大きく変えてしまう可能性があります。

30歳で年収1,000万円。この若さでその年収であればサラリーマンの中でもかなり珍しい存在だといえます。しかしながら証券兄さんの周りではその収入以上に使わなくてはならず、入社5年目の方など1年で400万円のカードローンをしていました。周りの人も似たり寄ったりの状況でした。もしかしたら、金融業界の大リストラ時代がすぐそこまで来ているのかも知れません。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。