【バフェット・ソロス・ロジャース】 世界3大投資家の「2018年の投資方針」は?

こんにちは!証券兄さんです。

世界的な伝説の投資家である「投資の神様」のウォーレン・バフェット氏(87)、「イングランド銀行(英国中央銀行)を破綻させた男」のジョージ・ソロス氏(87)、「歴史的大局観のグローバル・マクロ投資法」のジム・ロジャーズ氏(75)はどのような相場観を持って2018年の投資をするのでしょうか。

今回は、一流の投資家に学ぶ2018年の投資方針を予想してまとめていきたいと思います。

バフェット、ソロス、ロジャーズの2018は?

 

 米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイを率いる「オマハの賢人」ことバフェット氏は、引き続き米経済に全幅の信頼を寄せています。事実、米経済は7月から9月期に速報値で3%台の成長を記録するなど堅調で、バフェット氏が主力投資先にする米株式も好調の上昇を見せています。ダウ平均は24000ドルを狙う勢いです。

 そうしたなか、優良銘柄が下げたときに大量に仕込んで値上がりを待つ「バリュー投資」で知られるバフェット氏は8月下旬のインタビューで、「数年前から続く株の強気相場で、株価はこれまでの大半の時期ほど割安ではない」と述べ、新たに仕入れるネタ不足を嘆きました。

 とはいえ、以前に安く取得した株式や各種事業は好調であり、しっかりと儲けは出しています。これが、バークシャー・ハサウェイに悩みをもたらしており、4月から6月期の同社の手元現金が1000億ドル(約11兆円)弱にまで膨れ上がり、さりとて割安株が見つけにくいため、現金が行き場をなくしているのです。

 「多額の資金を、ほとんど利息の付かない形で長期にわたって保有すべきではない」との信念を持つバフェット氏は、自らが信を置く米経済が好調ゆえの「ぜいたく」な困難を経験しているのです。同氏はリベラル寄りの思想を持つが、保守のトランプ大統領による「トランプ相場」が形成されれば、信条にこだわらず、それに乗る柔軟さを持っています。

 

 対照的なのが、著名ヘッジファンドであるソロス・ファンド・マネジメントを率いるソロス氏です。同ファンドは、トランプ氏が米大統領に当選した昨年11月以来、一貫して米国株を空売りしてきました。トランプ嫌いの政治的信条が、投資方針に干渉したとも言われます。

 ところが、「トランプ氏が大統領に当選すれば、米国株は暴落する」と広く信じられた事前予想は外れてしまいました。米国株は「トランプ相場」で昨年の大統領選当時から20%以上も上昇を続けています。にもかかわらず、ソロス氏は逆張りで売り続けました。8月に入っても売り増しを重ね、損失が膨らむ一方でも売り続けたのです。

 ついに9月末の時点で、これらの空売りポジションの大半を精算していたことが明らかになりました。大きな損失に耐えられず、撤退したということです。ソロス氏は失敗を通して、現状の米経済と米市場の強さを認める相場観に転換したと言えるでしょう。

 

 一方のロジャーズ氏は、多様化したポートフォリオで俊敏に動き回っています。米国株に対する見解は、バフェット氏とソロス氏の中間のようで、日本株・中国株・ロシア株など他の投資機会との比較において「アンダーウェイト」としています。「現在の相場は割高で、いずれ売られる」のが理由だが、銘柄やタイミングによっては選好するということです。事実、「米株式が暴落すれば、米連邦準備制度理事会(FRB)が必ず助け舟を出す」と踏んでいるそうです。

 そうしたロジャーズ氏は日本株への投資を勧めています。理由は、「日本銀行の指数連動型上場投資信託受益権(ETF)など資産購入が、株保有者にとっておいしい」「安倍政権が株価を支えるために何でもする」からです。身もふたもない意見に感じますが、心理のような気もします。

 

 このように、世界の3大投資家の相場観は割れています。バフェット氏は、「米国株式投資は次第に魅力が薄れてきたものの、それでも債券と比べれば非常に投資妙味がある」として、有望分野を買い増しています。

 空売りで敗れたソロス氏は、渋々「トランプ相場」を追認しています。そしてロジャーズ氏はFRBが米株暴落の際に市場を助けると見通した上で、現時点では主に外国株を買い増しているのです。

 

とは言え、3大投資家と言えど外すときは外します。自分の意見を持って投資をして下さいね。

 

 

 なお、バフェット氏もロジャーズ氏も、「ビットコインはバブルであり、避けるべき」とアドバイスしています。あくまでご参考までに。

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

たいへん励みになります。応援のクリックよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。