求人倍率 バブル期超え

こんにちは!証券兄さんです。

もうすぐ、今年の就職活動が正式にスタートしますが、求人倍率について発表があったので取り上げたいと思います。

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

完全に売り手市場になってます。就活生にはうれしいニュースですね。ちなみに、「有効求人倍率」は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを表しています。

求人数が増える理由としては、・人手不足に陥っている・企業の業績が非常に良く会社の拡大を狙ってるなどの理由が主となります。

現在の日本では、前者の「人手不足に陥っている」が理由として大きいところなので色々考えなくてはいけなさそうです。ちなみに後者の理由で有効求人倍率が高かったのはバブルの時代です。バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍でした。

 

詳しい業種を見ていくと、製造業が前年同月比7.9%増で求人倍率を押し上げています。自動車やスマートフォン関連の企業が人員確保に動いたことが大きいでしょう。

このほか、トラック運転手などが不足する運輸業・郵便業が8.3%増、東京五輪需要が膨らむ建設業が6.9%増でした。医療・福祉業も3.2%増えております。

 

さらに求人倍率と関係性が非常に大きい完全失業率を見ると、4月の値は(季節調整値)2.8%と、前月と横ばいでした。求人があっても職種や年齢、勤務地などの条件で折り合わずに起きる「ミスマッチ失業率」は3%台前半とされてます。

3%割れは働く意思のある人なら誰でも働ける「完全雇用」状態にあると言える状態なので、現在の日本はほぼ「完全雇用」の状態です。

 

このような状態の背景には①女性が昔よりも働きやすい環境になった。②高齢の方でも働きやすい環境になった。ということが挙げられるでしょう。しかし、企業側は環境を用意しても社会保険料の壁(年収106万円まで控除を受けられる)など制度や政策の問題がたくさんあります。

弱いものを助けるだけでなく、本当の意味で日本の経済が活性化するような政策が今後でてくることを期待しましょう。

 

さて、証券兄さんがこのニュースで推したいのは<6098>リクルートホールディングスです。リクルートといえばマイNaviなどの就活支援サイトやタウンワークを運営していることで有名です。

この売り手市場の現在、企業側も自分たちの欲しい人材を求めるため力を入れなくてはなりません。自社のみでの採用は非常に難しい時代となってますので、今後もリクルートの業績が上がってゆくでしょう。

また、リクルートは人材派遣も行っています。人手不足な会社にとっては正社員が雇用できない場合、人材派遣などを使うしかありません。こちらの方面でも非常に有利な状況と言えるでしょう。

さらにリクルートは海外の進出を進めております。グローバル化の現在、日本人のみではなく企業は優秀な外国人を欲しています。そこにいち早くから気づき取り組んでいるリクルート、今後もまだまだ会社は拡大するのではないでしょうか。

 

2017/5/29 終値

<6098>リクルートホールディングス  5750円

PER:26.38倍 PBR:4.18倍 配当利回り:1.14% 株主優待はなし

証券兄さんが銘柄を見る!

チャートは1年かけてきれいな右肩上がり。情勢の変化にも強い銘柄。まだまだ値段が上がり6000円は超えて7000円はいくのでは。

また就活の開始時期の変更などあればさらにプラス要因に。強いてマイナス点を挙げるなら、完全機械化による人手不足の解消が起こったとき業績が下がる可能性ありか。(その際は、個人側での需要が非常に大きくなると思うのでトントンになる可能性も)

あくまで参考までに

 

就活生の皆さんはいよいよ本格的なスタートとなります。証券兄さんの知り合いも今年就活の子がいるので、なぜかドキドキ。その子と皆さんの成功を陰ながらお祈りしています!

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。