株式展望 6/11 今週のまとめ

こんにちは!証券兄さんです。

今週のまとめを書いていきたいと思います。先週のまとめの際の証券兄さんの予想は、19700円-20700円レンジでしたが、日経平均株価がどのように推移したかも含めてまとめていきます。

 一週間お仕事お疲れさまでした。今週の株式相場の動きをまとめていきます。ちなみに先週のまとめは以前の記事をご覧ください。

以前の記事はコチラから 6/4 今週のまとめ

今週のまとめ

今週の日経平均株価は、

5日は前週末の5月米雇用統計が市場予想を下回る内容となり、110円台半ばへ円高が進んだことやロンドンのテロなどが重石となり、小幅反落して寄り付いた。売り一巡後はプラスに転じる場面もあったが、3日ぶりに小幅反落となった。

6日は前日の欧米株安などを嫌気して小幅続落で寄り付いた。その後109円台後半へ円高が進んだことなどが重石となり、引け間際に一段安となり2万円を割り込んで引けた。

・7日は前日の米株安や円高基調が継続していることを受け、続落して寄り付いた。後場からは円高一服を背景にプラスに転じた。

8日は同夜の海外イベント(英総選挙、ECB理事会など)を控え、小動きだったが、日銀の出口論を巡る一部報道により一段安となり反落した。

9日の日経平均株価は前日比104円高の2万13円と反発。2万円大台は5日以来4日ぶり。TOPIXは同1ポイント高の1,591ポイントで引けました。8日に行われたコミー前FBI(米連邦捜査局)長官の議会証言は無事終了し、同日投開票の英総選挙の影響は限定され、投資家心理の落ち着きにつながった。

 

日経平均は大崩れすることなく再び2万円台に乗せ、高位置に付けて週末を迎えました。

英総選挙は、事前の予想に反してメイ首相率いる与党・保守党の獲得議席が過半数を割り込んだ。第1党こそ維持したものの、結果は明確な敗北。政権の求心力低下は避けられず、同国のEU(欧州連合)離脱へ向けた政局は混迷する恐れがある。

ところが、投資家はリスクオフに傾かなかった。むしろそうした結果を察知していたかのように、イベント通過に伴う円安・株高の動きが進み、市場の「政治離れ・政治への無関心」が起きているような状況です。

同じことは米国のトランプ政権にも当てはまるのかも知れません。「ロシアゲート」の疑惑が晴れない中で、FBI(米連邦捜査局)への介入問題も膨らみ続けるにもかかわらず米国株は下落していません。

前者は、保守党の権勢がどうあれEU離脱の方向性は変わらず、後者も極論としてトランプ大統領が辞任したところで、経済政策実行の遅れは既定路線で織り込み済みなのでしょう。つまり、既に市場が興味を失っているという話題なのかもしれないです。
じゃあ何が影響を与えているのか。株価を支えているのは、世界的な景気回復の流れや、そうした中で本格化しつつあるAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの新産業だと考えられます。米国株式市場でアマゾン・ドット・コムやアップル、エヌビディアが相場をリードしている事実がそれを表しているのでしょう。

 

来週のイベント

今後を展望すると、日本では12日に4月機械受注が発表される。3月は市場予想を下回ったが、4月の工作機械受注は5ヶ月連続で前年比で上回っている。外需に加えて内需も好調であり、他の機械への受注の広がりがあるか注目です。

15-16日は日銀金融政策決定会合が開催される。政策変更なしと予想されているが、物価見通しなど、会合後の黒田総裁の記者会見に注目したい。

 

米国では13-14日にFOMCが開催される。利上げが想定されるが、会合後のイエレン議長の記者会見で今後の利上げのペースやバランスシートの正常化策についても詳細なプランを公表するか注目したい。

 

最後にテクニカル面について。日経平均株価は2日に1年7ヶ月ぶりに2万円台に乗せたものの、その後再び割り込んだ。仮にさらなる調整となった場合は、5月末に下支えとなった上向きの25日線(8日:19812円)や、5月30日安値(19570円)が下値メドとして挙げられる。ただ、5月19日に25日線が75日線を上抜くゴールデン・クロスとなっており、調整一巡後は再び2万円台を目指す動きとなろう。

 

証券兄さんの予想

日経平均株価の参考レンジは19500-20500円 

イギリスの選挙の影響が出てきそうな雰囲気。プラスになりそうな材料もなく、日銀の金融政策決定会合があるが、各種指標が小康状態なので新しい政策は出なくて失望感+FOMCの利上げ予想通りで横ばいというのが証券兄さんの予想です。

ただ、ここまで金融政策の情報がない状態なので何らかの政策が出れば大荒れするかもです。あくまでご参考までに。

 

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。