株の豆知識 その④ 証券会社の仕事・IPO

こんにちは!証券兄さんです。

前回はネット証券について書きました。今回は証券会社はどのような仕事をしているのか、その中でもIPOの際にどういった役割をしているのかについて説明していきます。

 

証券会社の業務

 証券会社の業務といえば、まず株式売買の取次などブローカー業務を行っています。ブローカー業務とは株を「買いたい」または「売りたい」という注文を多くの人から受け、それを証券取引所に伝えることです。代理人業務)また、株式売買の取次だけでなく、証券会社が自分のお金で一般の投資家と同じように株などの有価証券を売買することもしています。(投資家業務)これをディーラー業務といいます。証券会社がディーラー業務にばかり資金投入すると経営が不安定になることや、一般投資家との利害の衝突がでることもあります。そのため自己売買基準というルールがあり保有できる証券の限度額が証券会社ごとに決まっています。 

 証券会社は新規の株式や債券などの有価証券を買い取って販売する業務もしています。これをアンダーライティング業務といいます。このとき売れ残った場合は証券会社に損失がでます。(直接販売業務)アンダーライティングでは発行元の企業は引受証券会社に手数料を支払いますが、株を買い取ってもらうことで確実に資金調達が出来るというメリットがあります。ただ、売れ残りのリスクがあることで特定の証券会社(第一種金融商品取引業者)だけがこの業務が出来ます。アンダーライティング業務と同じような業務でセリング業務があります。セリング業務は発行元から株を買い取るのではなく、発行元や引き受け会社から委託を受けて株などの有価証券を一般投資家に販売する業務です。代理販売業務

4つ業務すべてを行っている証券会社を総合証券会社といいます。野村証券、大和証券、SMBC日興証券などの大手証券会社です。証券会社の業務を紹介してきましたが、証券会社は株などの有価証券、債券、その他金融商品を扱う会社だと理解していきましょう。

 

まとめ

・証券会社の業務は株などの有価証券の売買の取次や引受業務を行うこと

・その他、自己資金で売買を行うディーリング業務もある

 

 

IPOと証券会社の関係

IPOとは?

IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」とか、「新規上場株式」となります。具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

そして、IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れ、上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで利益を出すことです。もっとかんたんに言えば、「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」という作業。 たったこれだけで利益が出る投資法です。(得体のしれない“未公開株詐欺”とは違って、信用のある証券会社から公正な抽選によって手に入れます)

 

これは、上に書いた証券会社の業務と同じくらい大事な仕事です。投資家からお金を集め、企業が事業を大きくする。証券会社にとって、もっとも大事な仕事とも言えます。

 

 IPOを獲得するためには、まずどの証券会社に申し込みをすればいいのかを考えますが、IPOは証券会社ごとに、取り扱い数や抽選方法でかなりの差があります。中にはIPOは全く取り扱いがない証券会社もあるくらいです。まずは、証券会社ごとのIPO実績を確認する必要があります。過去にどの程度IPOの取り扱いをしてきたのか、また主幹事の実績があるのか、などはよく確認してください。抽選方法も様々で、申し込みを続けていくと当選確率が上がってくる証券会社もあります。IPOを獲得するためにIPOの取り扱いや抽選方法などでお勧めの証券会社をいくつか紹介していきます。

IPOと証券会社の関係 
 野村証券・SMBC日興証券はIPOの取り扱い数、主幹事数はトップクラスです。引き受け数も多いことから、ダイレクトコースではIPOは完全公平抽選になっていますが、取り扱い数が多いため当選確率はかなり高いような印象があります。IPOを狙うなら押さえておきたい証券会社です。大和証券はやや少なめな印象があります。ネット証券の中でIPO取扱い実績が最も多い SBI証券は70%が完全抽選となりますが、30%はIPOチャレンジポイントでの抽選になります。IPOチャレンジポイントは落選すると1ポイントもらえて貯めることができます。これにより何度も落選をしていると当選確率は上がってくる制度です。ネット証券会社でIPOを狙うなら必ず抑えておきましょう。
 マネックス証券は1口座1抽選の完全抽選のため、少額資金の一般投資家から人気があります。大口でも小口でも全く平等なのは資金が少なくても申し込みしやすいですね。

 

まとめ

・IPOは証券会社にとって最も大事な仕事の一つ

・IPOは主幹事の証券会社が当選しやすい

・IPOの抽選方法は証券会社によってもちがう

 

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。